小学校4年生のお子さんの”スランプ”を感じている親御さんへ


小学校4年生
お子さんのスランプ

早い子では小学校3年生半ば〜小学校4年生
魔の伸び悩み気を味わうお子さんと親御さんが多発します。

これは日本全国で陥っている子が現象です。

・それまではとんとん拍子で来ていたのに・・・
・ドリブルや技術、フェイントなどボール扱いは誰にも負けないのに・・・

それが周りが伸びてきて追い抜かれ始めた
抜けなくなってきた

よくある話です。

これを乗り切れるかどうかで埋もれるかどうかが決定的になる

これを乗り切らないと本人はサッカーを続けるのが嫌になります。
さらに解決しようとがむしゃらに練習をしますが、結局抜けきらずサッカー自体を嫌になったりします。

幼稚園からエリートコースを歩んできた子が最初にぶち当たる大きな壁とも言えます。

この壁を抜け切るには?

今の練習を継続する。
または練習量を増やす。
スクールを増やす。

結局解決しません。

時間が解決?
ある意味正解ですが・・・
下手をすれば何年かかるかわかりません。

なぜ、ここまで良かったのを考える

努力。
というのももちろんあるとは思いますが

正直小学校4年生までは
「月齢差」や「身体能力」が大きくものを言います。

そしてもう一つは・・・

~ここから会員限定~

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. 監督やコーチの言うことを100%聞く選手はダメ

  2. 小3小4で”伸び悩む子”にならないために知るべきこと【保存版】

  3. スペインサッカー?ブラジルサッカー?育成年代で、「日本サッカー」は世界で負けていない

  4. 2019セレクションで受かる選手像 プレイスタイル&ポジション別

  5. ”腰が高い”、”プレーが軽い”を改善する方法

  6. サッカーの「基本姿勢」と「構え」と「動き方」の解説

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説