正しい方向へ正しく泳げるかどうかで将来は大きく変わる

a0001_003667

サッカーが上手くなりたい。
そう思った時にどんな練習をどんな方法で行うか?

これは思っている以上に重要なことです。

正しく泳がずにもがき続ければ前に進むことはできません。
もし泳げても正しい方向へ泳がなければ行きつけないどころか何かに行きつく前に疲れ切ってしまうかもしれません。

サッカーも同じです。
目標を見つけたのなら、そこへの最短距離の方向へ正しい努力を正しく行う。

これが勝負の分かれ道なのです。

正しい方法での努力は楽しい

努力なんてまっぴら

楽して何かを手に入れたい。それが誰しもの本音のはずです。

 

それでも上手い子たちというのは、人並み以上に行っていることを「努力」や「苦しい」と思っていることは少ないものです。

というよりも何気なく行っています。努力を努力として認識すらしていないこともザラです。

 

継続を習慣にしている子から上手くなる。

そうするためには最初の歯車の動かし方が非常に重要です。

 

やったらやっただけ何かを得られる。

という経験を早めにすることで

努力や継続というものは「自然と楽しい」モノになります。

 

楽しいことはほっといても行うのが子供です。

だからこそ、いかにその最初の歯車を回せるか。これに尽きるのです。

サッカー家庭教師の個人レッスンは正しい努力の方法を共に模索する場

そうはいっても、努力しやすい。継続しやすい内容。というのは人それぞれ異なります。

場所や環境、学年すらも違い、毎年サッカー界の状況も変わってきます。

 

そうした理由からもサッカー家庭教師が力を発揮するのです。

その子の個性や置かれている環境からもっとも適した努力の方法を共に模索し、提案、実践していきます。

 

そのためにも、やってみたことで即効で「出来た!」を実感できる経験を体験レッスンでしてもらいます。

小さな成功体験をその場で出来る。そうした時間がサッカー家庭教師の体験レッスンです。

 

まずはご相談ください。

 

正しい方向と正しい努力の仕方を指し示すことで一気にレベルアップを目指しましょう。

 

谷田部

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. 「考えさせる」練習の前に考えるための材料も必要

  2. 途中から上手くなりたくて入るスクールは「上手くなりたい」を解決しない

  3. 「ボールに触る前」の段階で上手い子と下手な子の差はついています。

  4. 本当の「実力」を身に着ける個人レッスン

  5. エース級だったのに・・・小学校3年生、4年生あたりで始まるスランプ

  6. 本当の”潜在能力”を導き出すために

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説