ゴールを取るパターンから覚えるから「自信」がつく


こんにちは
谷田部です。

サッカーで自信がない。

それは”思うようにできない”ということが原因のことがほとんどです。

思うようにできない。には様々な要素が含まれるはずです。
・ボールに触れない。
・ボールを思うようにコントロールできない。
・触ってもミスをして何か言われる
・すぐに取られる

などが要素の多くです。

そのために、ボールに触ることすら遠慮する。
症状として表には現れます。

自信を最短でつける

そのためには
周りの変化よりも自分自身の変化が大切です。

そして次に大切なのは、それを周りに周知徹底させること

自信とは”評価”がついてきて始めて成立します。

そのためには、手っ取り早くゴールを取ること
これに尽きるのです。

サッカーで自信がない。小学1年生だろうが中学生だろうが同じです。

よくあるのは「ゴールデンエイジ」という言葉に惑わされているパターン

ゴールデンエイジとは技術習得が神経細胞的に最高潮の年齢を言うのですが

こんなものは無視しましょう。
サッカーの得点は・・・神経でとるものではありません。

だから何才だろうが、思ったその瞬間から”自信”を取り戻すことができます。
そして自信を作ることができます。

サッカーの自信とは、勝利に直結するプレーで褒められること
だからです。

自信のつけ方に気づくとサッカーは上手くなる。そして止まらなくなる

サッカーの自信のつけ方は、気づくと周りが称賛してくれます。
これは蜜の味です。

自分を必要としてくれる人が増える。
そして居場所がある。

その感覚を味わい始めると
小学一年生だろうが中学生だろうが大人だろうが

練習という苦労が苦労ではなくなるのです。

ある意味、錬金術を身に着けた状態
やればやるほど結果が出ればそりゃやります。

年内でわかりやすいのが
小学校一年生の例
2、3回のレッスンでひたすら自分からボールを蹴りまくるようになって
一気に上達しています。
今現在もメキメキ力をつけています。

楽しみ方。と一言で言いますが
ボールで遊ぶだけではなく、結果がつく。
だから楽しい。

までないと

サッカーの本当の楽しみ方。というのは伝わりません。

点を取ることから最短で作ります。

得点に直結すること
これはやり方を覚えれば誰でも難しくありません。

反復する内容もさほどなく、サッカーのゴールは取れます。
特に中学生年代までは簡単です。

もちろんDFだからGKだからというポジションの子も大丈夫です。

得点に絡む。だけでなく、称賛されるには、ゴールを守る。
そう、勝利に直結するプレイ。であればいいだけですから・・・

まとめ

サッカーにおいての居場所や自信とは
自分自身を変えること、そしてそこに必死になっていると
周囲の変化はいつの間にかついてきます。

意外と周りを気にしているよりも
自分自身のことに夢中になっていると自分自身も変わりますが
思った以上に周囲がそれに気づいてくれます。

だからこそ、まずは自分に夢中になれる方法から教えています。
そう、やらなければならないことは多いですが
本当に”結果”に直結すると確信が得られれば、模索する時間は楽しい。

夢中になれるのです。

そんな個人レッスンを日々お届けしています。
今日もやっています。
冬休みのお問合せ増えています。

お早めにどうぞ

谷田部

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

個人レッスンbefore→after事例集

どんなことが改善できるのか?

関連記事

  1. サッカーで「自信」「出来る」を感じると学校生活や私生活も頑張れる

  2. サッカーで「自信」を身に着ける方法。 上手くなるだけではつかない。

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説