気が優しい子ほど、強くなれる素質が強い

a1390_000003

気が優しすぎて、周りに何か言われてもただただ凹んでしまう。

サッカーの場合、戦いの現場のため口の悪い人間は選手でも指導者にも多からず存在します。

 

特に小学生の場合、周りに呼ばれたり、文句を言われたりすると委縮してしまうものです。

 

「気が優しい」

サッカーの場合、致命傷になってしまうのではないか?

弱点、欠点

と思いがちですが、それは違います。

 

「気が優しい」持ち主は強くなる素質もその分強いともいいかえられます。

 

気が優しいというのは一見誤解されがちです。

言葉を発した子たちに対しては黙ってしまい自分で背負いこんでしまいます。

 

それでも気の優しい子というのは

一度「理由付け」だけでも変わってくるものです。

 

目標物を見つけ、それを達成すれば喜ぶ人がいる

 

ゴールの設置をしてしまえば

そこにめがけてしっかりと集中でき雑音というものに足を止めている場合ではない

となってきます。

 

こじつけだろうがなんだろうがいいんです。

歩みが遅くなってもとにかく「目標物」に向かって歩むことが大切なのです。

 

この「目標物」はゴールだろうが、レギュラーだろうが、何かをできるようになる。

であろうがそれは個人差があっていいと思います。

具体的に達成できそうな何かを掲げ、それを達成したら喜ぶ人がいる

という認識をしっかりと持つことが大切です。

 

自分のプレーで、お父さんやお母さんが喜んでくれる

それが1つの支えになったっていいのです。

 

プロのサッカー選手はサポーターやその先の日本国民を勇気づけると言った名目で代表選を闘っています。

 

子供たち一人一人も、自分のために戦うだけでなく

家族代表として闘うという理由付けが最適であればそれがモチベーションであってもいいのです。

 

周りの雑音にぶれないためにはしっかりと歩むための指針が大切です。

今の雑音に負けないためにも

 

「弱点」すらも「強みに変える」

技術だけでなく、闘い方も提案するのがサッカー家庭教師です。

 

谷田部

 

短期集中上達レッスンの詳細はこちらのページから
代表谷田部の通常個人レッスン料金はこちら


image1

お問い合わせはコチラから

0120-115-412
45
>>「サッカーコーチ・技術」ランキングに参加しています。

 

 

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. 初心者には「楽しい」を実感させ続ける個人レッスンを

  2. ボールが無い時の動き方。タイミング、パスの受け方などオフザボールのお悩みお任せください。

  3. 谷田部の個人レッスンは経験とひらめきが違います。

  4. 技術も戦術も勝つための「術(すべ)」に過ぎない

  5. サッカーの上達。上手い。とは何なのか?

  6. 「ボールに触る前」の段階で上手い子と下手な子の差はついています。

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説