コミュニケーションと読み取る力。〜本当に見なければならない5つの事〜


こんにちは
谷田部です。

最近のレッスンやゲーム会で気になった
「コミュニケーション」と「見る」

この関係性は、切っても切れない。なと改めて感じます。

「コミュニケーション」と「見る」と言葉で言えば簡単ですが
もっと深く子供達の中を見ていくと非常に様々な発見があります。

主張は出来るようになった。でも相手に受け入れられない。という問題

直近のゲーム会では、お互いが言いたいことを相手に伝えることができるようになってきました。
それでも自分の言いたいことをお互いが言っているだけで一向に受け入れられない。
結局一方的に言い続けるか、「なんでだよ」と最終的には諦める。

ではなぜこのようなことが起きるのか?

答えは簡単です。

見ていないのです。
でも本人は見ているつもりです。

では何を見ていて何を見ていないのか・・・

~ここから会員限定~
会員登録はこちら

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. 初心者の多く、上達しない子の多くの問題点は「体の軸」

  2. チームやサッカースクールは、「周りとの差を埋める」場ではない

  3. 「サッカーが下手」と思われる特徴と改善方法

  4. 「考えろ」「 判断」 そのためには顔を上げる必要がある そして ~顔を上げてプレーするにも【コツ】がある~

  5. レギュラー奪取には、「監督」の好みや求めていることを知ることから

  6. ファーストタッチには3パターンある

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説