足が遅い子がサッカーのセレクションで受かるためには

こんにちは
谷田部です。

今日は前回の続きの、身体の大きい子と足の速い子がセレクションでは目立つし、突破しやすい。
という話の続編です。

前回は「身体の小さい子」をテーマに進めました。
今回は「足が遅い子」がどうやったらJ下部に受かるのか?
というテーマで書いていこうと思います。

遅いはもうどうしようもないのか?

足がシンプルに遅いとどうしようもない?

と思われるかもしれません。
サッカーにおいての「遅い」の種類には何種類も存在する。
ということをご存じなければそこで諦めるか
かけっこ教室や走り方の学校などを考えてしまいがちかと思います。

実はサッカーの場合はそうではなくて、ちゃんと他の部分を鍛えて改善していくと
結果的には足自体も速くなってきます。

かけっこ教室や走り方の学校などは話が別

足の速さを克服する方法がたくさんあるのがサッカーです。
場合によっては、「陸上の走り方」を入れるとサッカー自体が下手になります。
特にドリブルやトラップに問題が出てくることが多いので大変危険です。

根本的に走りながら技術を発揮する足の運び自体がシンプルに手ぶらで走る陸上のそれとはまったく異なるのです。

サッカーにおいて「遅い」を改善出来る部分リスト

~ここから会員限定~

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. 低学年で上手くなりたければ自身のペース配分と動き方から覚えるべき

  2. 「埋もれる才能」に到達できるのはあと一歩かもしれません。

  3. 日本全国対応!通信制個人レッスン-DVD解析指導を承ります。

  4. 本気で上手くなる。そして相手に勝つためにすべきこと

  5. 今回の夏合宿の内容とメニュー やった内容や狙いなど

  6. 小3小4で”伸び悩む子”にならないために知るべきこと【保存版】

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説