陸上の走りでは「守備ができない」「視野も狭い」その理由とは


こんにちは
谷田部です。

サッカーにはサッカーの走りがある。
陸上の走り方で足が速くなるかけっこ教室の弊害は以前からこの場で訴えていますが
今回は「守備」にクローズアップを当てて書いていこうと思います。

もちろん私のレッスンでは、正しいサッカーの走り方や姿勢なども教えています。

前方には特化している陸上の走りとサッカーの走りの違いや弊害について具体的な例を挙げて書いていきます。
先日とある都道県選抜の練習を・・・

~ここから会員限定~

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. スペインサッカー?ブラジルサッカー?育成年代で、「日本サッカー」は世界で負けていない

  2. もっと「ワイルドに!」サッカーをやろう

  3. 小学校4年生のお子さんの”スランプ”を感じている親御さんへ

  4. 真面目で理解力のある子ほど「スペインサッカーのスクール」は危険

  5. ゴールを取るパターンから覚えるから「自信」がつく

  6. 「考えろ」「 判断」 そのためには顔を上げる必要がある そして ~顔を上げてプレーするにも【コツ】がある~

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説