プレーの「波」を無くす方法

こんにちは
谷田部です。

今日は「プレーの波」を無くす方法について
書いていこうと思います。

プレーの波、これはセレクションで実力を出しきれなかった、、、
という声を聞くように非常に切実なものになっています。

今日紹介していく方法は
実際に谷田部もやっていたものであり、実際当たり前にやっていることなのですが、
今の小学生や中学生、高校生ではなかなかに気づけていない子が多いように思います。

特に小学生の場合、これができた瞬間にサクッとレギュラーになれると思います。

誰でも簡単にできる。でも知らない、、、

今日やっていく内容は、先日のドリブル塾でやらせたところ 
全員が瞬間的にやれました。

要するに
「知らない」「考えたことがない」
というのが原因なのだと思います。

誰でも、、、なんて言い過ぎじゃないか?
と思われると思いますが、小学校一年生も出来ていたので
多少時間がかかったとしても誰しもが取り入れられる方法のはずです。

上手い選手は当たり前にやっている

上手い選手やプロの選手は当たり前にやっています。
テレビでも必ずと言っていいほど映っています。

にも関わらず、子供達に聞いてみると気にも留めていないことが非常に多い
テレビに映っていても気にしていない。ということは
チームのコーチやスクールでも触れられていない。ということだと思います。

実は私自身もここまで今の子達がこれをできていないことに気づきました。
それでもどのこも瞬間的にプレーのポテンシャルも変わります。

上手くなり質が上がるのです。

コントロールが難しい

今回の紹介したいものは、波がなくなる。はもちろんですが、
瞬間的に質が上がり、上手くなります。

ただ、消耗も激しくコントロールもサッカーの場合は特に難しいです。
日々意識してトレーニングして、持続時間と再現性を高めていくこと
切れた瞬間ももう一度グッと自分自身で再開できるようにコントロールする力をつける訓練が必要です。

これは段々と意識しなくてもやれるようになります。
だからこそ、少しでも早く理解し覚えて習慣化していくことが必要です。

他のスポーツでも当たり前にやっている

最近はラグビーやバスケット、バレーボールや野球などもテレビでとにかく
毎日のようにトッププレーヤーを目にします。

正直、他のスポーツを見た方が、私としてはサッカーは上手くなるのではないかな、、、
と思っています。

というのも、サッカー以外の方が、変な先入観もなく新鮮なスタンスで見られ発見も多くあるからです。
サッカーだと普段当たり前すぎて見逃す場面も、なぜか気になって仕方ない場面てあるはずです。

個人レッスンやドリブル塾でも教えている方法

プロ選手では当たり前に取り入れています。
そして小学生でもちょっと教えるとすぐにできるようになります。

あとは自分で気づいて毎回できるかどうか、、、そう、習慣化です。
ただ、自分自身のポテンシャルが上がるので意外と楽しくいつの間にか習慣化
というのはそう、難しくはないと思います。

その方法としては、、、

~ここから会員限定~

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事