【消極的に見える?】ボールを持ってもすぐに取られる動けない子の特徴パターンとパターン別改善方法(動画あり)


こんにちは
谷田部です。

今回のタイトルは長いですねw
【消極的に見える?】ボールを持ってもすぐに取られる動けない子の特徴パターンとパターン別改善方法(動画あり)

まさに今日は
ボールをもらっても動けない。止まる。踏ん張る。
そしてすぐにボールを取られる子たちの特徴とその改善方法について【過去動画】を用いて書いていこうと思います。

簡単に「消極的」の一言で済むものと、大体が「そうではない。」という方に分類わけできるのですが、、、
そもそも、「消極的」になる理由のものも5分ほどで身につく技術でこれから挙げるようなパターンをそれぞれパターン別で
特徴を紹介しますが、

”全て網羅し改善します。”

たった5分です。へたすりゃ5分かからないでです。
では、やっていこうと思います。

パターン別で紹介すると

 

 

たった5分です。へたすりゃ5分かからないでです。
では、やっていこうと思います。

~ここから会員限定~

パターン別で紹介すると

a.そもそも自信がない

b.何をしたらよいかわからない。

c.ボールを止めるのにもたつく

d.ボールを止めた後もスムーズに動けない

e.ドリブルに自信がない

a.の自信がない。これはミスをすると周囲からどやされる。というのが主な理由なことが多いです。
自分の中の技術的な正確さや何をすべきかわからない。というb.の何をしたらよいかわからない。
と直結してきます。

c.のボールを止めるのにもたつく。d.のボールを止めた後もスムーズに動けない。
はも上記a.bに関わってきます。

c.dが出来ているのであればe.のドリブルに自信がない。
は完全に技術不足が原因を招いています。

こうした子たちはたいていコーチたちに
ファーストタッチを動かせ!またはボールを止めろ!
ドリブルやフェイント練習しろ!

と見当違いのアドバイスを受けさらにミスが増え始めます。

ファーストタッチで動かしてボールが遠くに離れる。姿勢が崩れる。
ボールを止めるのに一生懸命すぎてボールを止めるのが目的になる。
ドリブルやフェイントの練習で相手を抜くことが目的になる。

要するにアドバイスが間違っているから負のスパイラルに陥るのです。
6/28号の
親御さん必見!我が子を潰す〇〇な行動 – まぐまぐ! (mag2.com)
にも書いた「真面目にコーチに相談する」ことが招く悲劇です。

もっと言うとこれらを改善してもらえると思ってスクールに行っても同じことが言えます。
彼らには問題点と改善点がわかっていません。

過去にも数々の改善策を出してきましたが、、、

www.youtube.com/shorts/o03535In4rc

上記したURLの動画が今年の3月ですが、低学年でも
さらに簡単に出来るようになる方法がまた出来ました。

やり方もそうなんですが、

癖のついていない低学年はある程度キャリアのある子たちよりもスムーズに
その場で出来るようになる。ということがわかりました。

1年生2年生がものの5分せずにすいすい出来るようになります。しかも面白がって

もちろん3年生以上の子たちも出来るようにはなりますが、
低学年の場合あっという間に出来るようになる様が異様と言ってもいいくらいの
早く身につく、スイスイ使いこなす現象が起きています。

ドリブル偏重の子たちにこそまずは覚えてもらいたいスキル

サッカーは実はシンプルなプレーこそ難しいんです。
バルサを作ったクライフターンでお馴染みのクライフの名言

理想は「1タッチ」

からかけ離れたサッカースクールの多さ

スペインスペイン言っている現在、その礎を築いたクライフの名言に
しっかりと立ち返るべきなのは”自称コーチたち”です。

「スクール」という経営上、時間の中で技術を目いっぱい教えることが目的になっているからこそ起きる現象だと
谷田部は思っているのですが、、、、

実はドリブルで伸び悩み始めた子。抜けなくなった子たちにこそ

今回のスキルが「特効薬」になるのです。

谷田部は高校時代の帝京で初めて見て衝撃を受けた技術

昔は全国の上位レベルではごくまれに行われていた技術です。
谷田部もさらっとやっているその技術を正直最初は見落としていました。
それだけ、さらっと当たり前に上手い連中はやっていました。

でもやると以上に難しいんです。
それを今では5分で身につけさせますw

最近も北陸のある強豪チームで全く違う。似たような技術を教わった、、、
と教えている子が困惑していました。

古い間違ったやり方では、次の動きがしづらく取られやすくなります。
蹴ることすらままならなくなります。

ある程度のレベルの人たちだけの技術なんです。

J下部ユースでは必須のスキルでもあります。
言い方を変えればこれが出来ない子は本当に受からないです。

まとめ

ある程度やっていた人たちも無意識になっている。
半端なレベルのコーチは知りもしないで出来もしない技術

だから巷に出てこない。
そんな技術を低学年から身に着けるとサッカーは劇的に変わります。

顔が上がります。周りが見えます。1vs1の悩みが消えます。抜くことすらなく抜けます。
姿勢がよくなります。ケガのリスクが減ります。,,,etc

挙げたらキリがないのですが、谷田部自身がこれだけ変わったたった一つのスキルを最短3分からお届け可能です。

会員制動画サイトでは公開するかもしれません。xn--9iq59hu92buvbnx8b64f.net/
(会員制のおかげで以前よりマニアックな技術紹介しやすくなっておりますw)

消極的に見えるお子さんをお持ちの方まずはお気軽にご相談ください。

谷田部

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. 小学校3、4年生の伸び悩み

  2. 子供達までもが情報過多でサッカーに”迷い”が生まれている

  3. 今のチームをやめるか迷っている方へ

  4. 夏に向け 新着セレクション情報が増えています。

  5. 足技が上手い。狭い所でパスを回せる。では、セレクションは受かりません。

  6. 親がサッカー経験者は有利なのか?

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説