身体の大きさに関わらずシュート力を上げる蹴り方

こんにちは
谷田部です。

今日は身体の大きさやサイズに関わらずキック力、シュート力を上げる方法について書いていこうと思います。

最近の個人レッスンで教えている
他の講座では教えていない内容を今日はここに書いていこうと思います。

世界のトップもやっているトレンド

日本では海外で活躍していたJリーガーの選手は何人かやっているキックですが、
まだまだ国内で、または育成年代で蹴っている子はほとんどいません。
このキックができるとワンステップで蹴れます。

シュート力に自信がなくてもペナルティエリア外から狙うのすら楽しくなります。

難しいインステップキックは不要に

低学年や今まで長年サッカーをやっているとわかると思うのですが、
シュート=インステップキック
これが出来ないと強いキックが蹴れない。
飛距離が出ない。と思われがちです。

それが今までのなんとなくの蹴り方。
振り上げを修正することなく、なんなく、強く遠くに飛ばす
さらにはキーパーから読みにくいシュートが数分で可能になります。

身体の大きさや重さはさほど関係なくなる

私自身も、今まではシュート力やキック力に関して
体重や身体の大きさ。というものがある程度仕方ない。と諦めているところがありました。

ただ、今回の蹴り方をマスターするとそうした部分がほとんど関係なくなりました。
身体の大きさや体重。というよりも
「身体操作」
これに尽きる。と言えます。

それでも今までの真面目に蹴ろうとするインステップキックやインフロントキックに比べれば
習得は数分から数時間単位でいけます。

とは言っても歩き方や立ち方などが出来ていること前提ですが、、、

ではどのように蹴るのか?

では実際にどのように蹴る蹴り方なのか?
動画でこの蹴り方そのものをがっつり紹介しているものはまだありません。

ただヒントや前の段階。または説明なしで蹴っているものがありますのでそうしたものを交えながら解説していこうと思います。

ベースの蹴り方はこれ

~ここから会員限定~
動画解説もあり

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事