サッカーの「下手」というのは、、、

こんにちは
谷田部です。

サッカーが上手くない。下手くそ扱いされる。

その理由の大半は

遅く始めたから
性格がおっとりしているから
理解しないと動けないから
丁寧な性格だから

というのが大半です。

もちろんサッカーが好きだけど運動神経に自信がない。
ということもあるかもしれません。

ではそうした子はもうダメなのか?
ということについて書いていこうと思います。

サッカー界の人は運動神経がいい人が大半

サッカーの業界の大人というのは、ど力かというと
サッカーが上手い。と評価されてきた人が多いのが現状です。
または、どんなスポーツもそつなくこなせた運動神経の持ち主です。

そうした時に一番問題になるのが

「出来ない子の気持ちがわからない」
ということ
ある程度のことを試して
「なぜ出来ないのかわからない、、」

と諦めてしまうのです。
結果何をいうかというと

「数やりゃ上手くなるから、、、」

日本中でお決まりの決め台詞が炸裂しています。

数やって上手くなる子は、困ってない

数やって上手くなる子であれば、とっくに上手くなっているはずなのです。
そうでない子は、
「なぜこうなるのか?」
「どこをどうしたらいいのか?」
「どこが大事でどこに意識を持っていくのか?」
「動かし方や形はこれでいいのか?」
他etc….

色々なことにこだわり、試行錯誤と納得をしながら身につけるか、

全く意識が働いていないか。のどちらかです。

考えるための考える思考順序や考え方、自分との向き合い方がわかっていないことが多いです。
自分自身の意思と身体との会話というのも皆無です。

今のサッカー界のやり方で上手くならないのは、タイプが異なるだけ

サッカーに関わらず、勉強にしても
普通に学校の授業では成績が伸びない子が塾だと伸びる。家庭教師だと伸びる。
ということは多々あります。

要するに、今のチームやスクールの教え方が自分自身の学び方や理解に合わない。
ということが言えます。

選択肢は二つ

チームやスクールのやり方で学べるように自身をフィットさせる。
教えてくれる人が自分に合う人を探す。

この2点です。

ただ言えるのは、サッカーの場合、チームの教え方もスクールの教え方も、個人レッスンも
大抵が同じ「要項」で教えている。という残念な状況にある。ということです。

今のサッカー界のやり方で上手くならない子がやるべきこと

今のサッカー界のやり方がすんなり入らない。

そう言った子は大抵ある意味で先に行っている子です。
賢い子が多いです。

そうした子に私が最初に教えているのは

~ここから会員限定~

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事