一対一に勝つコツ (攻撃編)その1

a0001_009470

一対一に勝つ

一対一に勝つとは抜くこと。
いわゆるドリブルテクニックです。

フェイントやドリブルテクニックには個人差がありますので
今回はできるだけ簡単に抜く方法と考え方を書いていきたいと思います。


今日はよくある失敗例から書いていきたいと思います。

・相手に突っ込んでいくドリブル

これはもう致命的です。

言葉にすればそりゃそうだ
と思いますが、意外にも小学生や中学生で抜けない子はこれをやっています。

相手に突っ込んでいけば相手は足が届きます。
しかも身動きも取れないため激突してしまいます。

鬼ごっこで考えればわかりやすいのですが
自ら鬼に突っ込んでつかまりに行くようなものです。


ドリブルで勝つには相手を動かせ

相手を動かせ
命令通り動けば苦労はありません。
しかも自分が全く動かず相手だけ
という意味でもありません。

守備側の仕事を理解しよう

~ここから会員限定~

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. サッカーを表現するためには「色作り」から・・・

  2. サッカー個人レッスンは、”即効性”と”質”で選ぶ

  3. シュート決定力を上げる方法

  4. 上手くなる方法。あなたのお子さんはどのパターン?

  5. サッカーが上手くなる(評価されるようになる)子の特徴とは

  6. 上手い子の特徴とは?まずこの2つから違う。

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説