相手がどんなボールを蹴るのかを知れば守備も攻撃も劇的に良くなる

相手がどんなボールを蹴るのかを事前に知る。

高いボールなのか。低いボールなのか。

遠くへなのか。近くへなのか。

これを知ろうとしたことがあるでしょうか。

感覚的にある程度やっている人はわかると思いますが
誰にでもすぐにわかる方法があります。

一発です。

知ると変わること

まず攻撃面からは

・味方からパスをもらうためのポジション取りが変わります。

・相手にばれないように細工ができます。(フェイントがより効果的になります。)

・ドリブルで相手への間合いもコントロールできます。

守備面からは

・インターセプトでボールを奪いやすくなります。

・相手のドリブル時に飛び込んでいいのかどうかがはっきりします。

・守るべきところだけに集中できるので守備が楽になります。

2つのポイントを見るだけで劇的に変わる

高いボールか強いボールか、それともごろが来るのかを見極めるポイント

これはすぐに身に着けることができます。

 

事実これを理解した子は、考える負担と走る負担が劇的に減り、

他に使うべきところに神経を使えるようになっています。

 

ちょっとしたポイントを知るだけで攻撃も守備も劇的に変わる。

ただし、正しいサッカーをやっていること(周囲も含む)が前提です。

 

本気で正しいサッカーを上達したい。

考えている方のみお越しください。

 

正しく続けていくとその先には全国レベル→世界が見えてきます。

才能と努力が関係する世界ですが、効率も必要です。

 

正しい情報をいち早く飲み込みライバルに差をつける個人レッスンは

サッカー家庭教師です。

 

谷田部

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. ドリブルやボールコントロールは良くても「止める」がおざなり

  2. 上手くなる方法。あなたのお子さんはどのパターン?

  3. シュート決定力を上げる方法

  4. 初心者の多く、上達しない子の多くの問題点は「体の軸」

  5. サッカーにはサッカーの走り方がある

  6. サッカーが上手くなる(評価されるようになる)子の特徴とは

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説