頭の中をより”シンプル”に出来るか


こんにちは
谷田部です。

最近はたくさんのスクールや動画などで
思っていない以上に「スキル」や「戦略」を覚える機会が増えたように思います。

だからなのか。
最近子供達のプレー中の頭の中を覗きながら見ていると

・どれを選択したら良いのか。
・ここではどんなプレー?
・失敗したら怒られる。

という邪念や雑念でいっぱいです。

一つ一つのプレーに「ストレス」すらを感じ取れます。

サッカーや体を動かすことは元々がストレス解消や気分転換
が目的のはずです。

それが「ストレス」の元ではどうしていいかわからなくなってしまいます。

真面目な子供ほど大人の期待に応えねば。と頭の中が落ち着かない。

真面目な子ほど頭の中は、常に考えでいっぱいです。
もちろん考えることは良いこと。というのが通説ですが

ここでいう考えるは

どうしたら怒られないか。
ここではどのプレイが正解か

でいっぱいなのです。

本来考えるべき
”ゴールを奪う”
という目的が埋め尽くされているほどです。

小さい頃からのスクールやサッカーの練習三昧の
「詰め込み」 の弊害が起きているように思えてなりません。

習い事や詰め込みにすると

大人への期待に応える。

という無意識な反応が出る子が非常に多いです。
真面目な子ほどそうだというのが、また悲しくも映ります。

本人のために”楽しい”のために
そういう子には最近は”シンプル”へと回帰させる指導を行うようにしています。

一旦いらないものを全てリセットしてゼロから再構築していくのです。
無駄で役に立たない知識や雑学がいっぱいの頭という道具袋の中を整理する。

これだけで一気に飛躍するこは大勢います。
ただし、真面目な子ほど長年の蓄積もしっかりと定着しているため
出来ることなら早ければ早いほどいいです。

最近うまくいかないなあ。と思ったらまずはご相談ください。
お待ちしております。

谷田部

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. ipadを使ってその場でフォーム修正 自信と実力がつく個人レッスン

  2. youtubeでサッカーは上手くなるのか?

  3. 気が優しい子ほど、強くなれる素質が強い

  4. 楽しめるかどうかは「教える人」で決まる

  5. 「技術」は表現しようとすると自然とついてくる

  6. 中途で入ったチームで中々追いつけないお子さんを持った親御さんへ

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説