プレー全てを”言語化”する個人レッスンがサッカー家庭教師


昨日のレッスンの話

昨日は大学生の個人レッスンでした。
社会人リーグに所属しています。

MFをやっているのですがそこで新しい監督に直接言われた課題が

ミドルシュートを打つ
運動量をもっと
二列目への飛び出しを増やす
武器を増やす

これらをどうのように改善していったのかを今日は書いていこうと思います。

ミドルシュートを撃つ

これは本人の自覚的にも、今の監督になってからミドルシュートを撃っていない。
という話。

私自身もミドルシュートでいいものを持っていることは知っていたので、この課題については
空気を読まずに撃ってみよう。という話で落ち着きました。

運動量をもっと

次の課題「運動量をもっと」です。
決してサボることなく、普通に考えればこれ以上に走れない。と本人が言うほど運動量自体はあります。

ここで大切なのが、
なぜ監督は運動量がなく見えているのか?
と言うことです。

走ればいい。と言うレベルの話ではありません。
これをどのように監督のニーズに合わせるのか?

ここらからが昨日の本題でした。

運動量があるのに運動量を増やせと言われた。その改善方法とは?

考えられることは・・・

~ここから会員限定~
会員登録はこちら

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. 監督やコーチの守備時の「行け!」で何をするのか?

  2. 低学年で本気で見返す自主練習は、ボールコントロール練習ではなく「〇〇」の練習を

  3. ボールを止めてから蹴るまでのタッチ数が多いのは、プレースピードを遅らせる

  4. 自分自身のよいところを伸ばし、いかに発揮させるかが重要

  5. 小学校4年生のお子さんの”スランプ”を感じている親御さんへ

  6. 今回の全国統一セレクション模試を振り返って

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説