サッカーの本質は「ゴール」ドリブルは手段の一つに過ぎない


サッカーは点を取ってなんぼ

極端に言えば

ドンっといきなりシュートを打ってゴールに決めれば良い
なぜわざわざチョコチョコやることを学ぶのか

空気を読んでいきなりシュートを打てない日本人

強いシュートを打つ

いきなり打つと引かれる
これが日本の現状です。

もっとパスを繋ごう
なんのために?
ポゼッションもドリブルも

ゴールを決めるための手段に過ぎない。

誰もががやたらとSNSやネットで情報発信を出来てしまう時代

ますます情報の受け手が見る目を研ぎ澄ます必要が出てきています。

フェイントや足技は、曲芸であり、サッカーをちゃんと学んだ上で楽しめばいいもの。
サッカーの上達と、曲芸は違います。
たしかに動画とサッカースキルの相性は抜群です。

動画に慣れている子供ほど食いつきやすいのです。

しかし、サッカーの本質とは間違いなくズレています。
セレクションに受かりたい、レギュラーになりたいなと思うのであればなおさらです。

いきなりそんなことをしていれば、ポジションは失います。

正しく続けた先に正しいスキルと成功がある

サッカーの楽しさも、強さも「正しく」行うことが大切です。
サッカーの本質は「ゴールを奪う」これに尽きます。

値段だけ、派手さ、露出度だけでのスクール選びは大変に危険です。
正しいサッカーを学べば自然と上手くなります。

無駄なく理解をすれば短時間で上達もします。

いわゆる最短距離は正しい理解と反復です。

情報過多な時代だからこそ関わる大人達がしっかりと見極めなければならない時代に突入しています。

まずはご相談お待ちしております。

谷田部

1

2

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. 出来ないには出来ないの「理由」がある

  2. サッカーの上達。上手い。とは何なのか?

  3. 私の仕事は、はしごの登り方を教えるに過ぎない

  4. オフザボールの話(ボールをもらうためのポジション採りと守備の動き)

  5. 「道具」(技術)を作る段階。整理する段階。研ぎ上げる段階。この3つが重要

  6. 「自信のない子たち」がレギュラー対策すら飛び越して、なぜセレクションを目指してみたくなってしまうのか

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説