admin-ajax (6)

こんにちは
谷田部です。

サッカーという競技
ボールを持っている時間(オン・ザ・ボール)よりも実はボールを持っていない(オフ・ザ・ボール)の時間が圧倒的に多いですよね。
それにもかかわらず巷のサッカースクールでは
ボールを持った時の練習が大半です。

もちろんサッカーの練習ですから当然と言えば当然です。

ボール無の練習をすべきということではない。

サッカーはボールが来る前の準備の段階が本当に重要です。

ボールに直接触る前の準備段階を見ていれば、

そのプレーが成功するのかしないのかすら8割以上わかります。

 

ボールの無い時の動き方。タイミング、パスの受け方、走るフォームで大きく差がつく

レギュラーになりたい。

セレクションに受かりたい。

内部昇格したい。

ボールのコントロールばかり練習をしてきた低学年から高学年になるにつれて

ある日突然「動き方」や「タイミング」について注意を受けるようになります。

 

大抵の場合、その注意だけで具体的な応えはもらえません。

数をやるしかない。考えろ・・・。

ということがほとんどです。

 

感覚の部分だから、指導者が口をつぐむのはある程度仕方が無い

ボールの無い時の動き方、タイミング。パスの受け方。フォーム

などは一言で言えば「センス」で片付けられてしまいます。

これはサッカー界では良くあることです。

 

それでも求められるのですからセンスをモノにするしかないのです。

「センス」誰にでもできるようにする個人レッスンがここにあります。

サッカー家庭教師では

「センス」で片付けられてしまう事象を誰にでもできるようになってもらう。

これがコンセプトにあります。

 

「センス」と呼ばれるもの全てを・・・

というわけにはいきませんが、一般的に「感覚」や「センス」のほとんどには近づくことが出来ると断言できます。

 

そのためには「理解」と「反復」は必要ですが

わかってしまうだけであっという間にできるようになる子もいっぱいいます。

オフザボール。個人レッスンでは得意な分野なんです。

人数がいないと出来ないと思われがちなオフザボールは

逆に人数が少ない方がみっちり出来ます。

 

他の子を待たせる心配がないのがもっともやりやすい。

これはコーチの立場からしても同じです。

出来るまでやります。

 

まずはご相談ください。

 

常識を覆すサッカー上達方法がサッカー家庭教師にはあります。

 

谷田部