低学年で上手くなりたければ自身のペース配分と動き方から覚えるべき


こんにちは
谷田部です。

低学年で上手くいかない
キック力を身につけたい
ドリブルが上手くなりたい
ゲームにうまくフィットしたい

などなどご相談が数多くあります。
今日はそうした内容について書いていこうと思います。

低学年は〇〇から身につける

~ここから会員限定~

〇〇の内容は「走り方」なのですが、ただの走り方ではありません。

低学年の場合、
走り方を通じて「姿勢」とサッカー特有の「体の使い方」
を身につける必要があります。

走り方を通じて「ペース配分」を身につける

「ペース配分」と簡単にいうのですが、サッカーの走り方というのは実はなかなか難しいものです。
陸上と違ってキビキビ走るのではならなく、ダラダラ走る。

そして自分の力の出し方の調整
周囲の速さに合わせる調整

その2つを調整してペース配分をする。というコントロール力がまだまだ身に付いていません。

全力を出しすぎる低学年

低学年の場合、全てが全力です。

または全く参加しないかのどちらかでしょう。

どちらにせよ、
・自身の力のコントロール
・呼吸のコントロール
・心拍数のコントロール
が必要になります。

話しながらできるプレーできるくらいがベスト

話をしながらできるペース。
これが一番サッカーが上手くなります。

これだけでもわかると思います。
低学年は基本的に息を止めてプレーするほど必死にプレーをします。

そんな瞬間は本当に一瞬です。
こうした部分を身につけるためにも
「走り方」から身につけていくことが大切です。

ボールコントロールが先すぎて走るコントロールが下手な子が多い

最近の子達は、あまりに早い段階からサッカースクールに通うことで
ボールコントロールが先すぎて、
「走る」と「体のコントロール」が出来ていない子ばかりです。

だからこそ、ちょっとしたところで大きな差がつきます。

まとめ

昨日もそうですが、1時間のレッスンで動きが変わる。
というケースがありました。

キック力が激変し、ドリブルも一気に上達しました。

ちょっとしたコツで変わる低学年
少しでも早いスタート
正しいスタートをお勧めします。

谷田部

 

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. サッカーセンスとは一体なんなのか?「サッカーセンス」は作れる。

  2. FWの適正能力4

  3. 本当に上手くなる。J下部組織に入るための最も理想な形 2022最新版

  4. 【消極的に見える?】ボールを持ってもすぐに取られる動けない子の特徴パターンとパターン別改善方法(動画あり)

  5. サッカーが上手くなる子が個人技を磨く自主練習で気をつけていること10選

  6. 周囲の親御さんが絶賛する子がセレクションに落ちる理由

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説