試合に出られない子が(ベンチで)やっておくべきこと5つ

こんにちは
谷田部です。

今日ゴールデンウィークで試合がたくさんある中
試合に出してもらえない子がやるべきことを書いていこうと思います。

試合に出られない子が(ベンチで)やっておくべき事

同じポジションの目線で見る

今現在、試合に出ていないのであれば実際に
客観的に見ること。
そして
主観的に見ること。

この2つの見方が重要です。

特に試合に出る可能性があるのであれば「主観的」が必須になります。
すぐに試合に出てもフィット出来る様に試合に出ているイメージで試合に参加することが大切です。

監督コーチの求めてることの本質を理解する

交代される時というのは
スタメンが疲れ切っているか。監督コーチの意図しているプレーができていない時が大半です。
もちろんプロであれば戦術的な変更もありますが、アマチュアの小学生中学生くらいであれば
そこまでではありません。

求められているプレーは何なのか?
しっかりと理解して当てはめていくとスタメン奪還のチャンスです。

話を聞くだけでなく、実際に出ている選手のプレーと監督コーチの意図のギャップを見極めることも大切です。

同じポジションの選手を観察する

上記したように、意図されているプレーができているのか?
自分だったらもっとこうするのに、、、
というイメージを持ち更に上回れるプレーは何なのか?

逆に自分にはなく評価されているプレーは何のか?
分析していくことが大切です。

やる気がある態度を維持する

砂遊びや隣にちょっかいを出している。
これは問題外です。

嘘でもいいからゲームの中に「顔」を向けること
さらっと足のマッサージなどを行っていたり、短パンになっていたりする。

などちょっとしたアピールも大切です。
やりすぎるとウザがられるので加減が難しいところですw

監督コーチから2、3人挟んで座る

個人的には4人目くらいかなと

パッと見た時に顔がはっきり見えるのが間に3人挟んだくらいです。
やたらと真横に座りたがる人もいますが、3人ぐらい挟んだくらいが様子をぱっと見てもらえておすすめです。

映画館で近すぎても見づらい。

のと同じ発想です。

またはアップをしているのもオススメですね。
ただ遊んでふざけていると逆効果になります。

まとめ

せっかく遠くまで行ったのに、、、
休日を潰したのに、、、

試合に出られないととても残念な気持ちになります。
だから少しでも試合に出られるように、、、
そして次回につながるように、、、

というちょっとしたやり方を紹介しました。
ご参考ください。

谷田部

メールマガジンも開始
【ブログでは書かない話】
https://www.mag2.com/m/0001695918

最新情報やブログ更新通知が無料で届く
https://lin.ee/PBwd93y

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. 新しい時代のかっこいいを低学年から

  2. うちの子はサッカー向いていないんじゃないか?

  3. 明けましておめでとうございます。

  4. 明けましておめでとうございます。

  5. 【謹賀新年】あけましておめでとうございます。

  6. 新学年と新チームの春

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説