シュート決定力を上げる方法


こんにちは

谷田部です。

最近特に多いのが、「キック力」の相談です。

もっと言うと、蹴る力はあっても
試合の中でしっかり蹴ることが出来ない。当てる事が出来ない。という状態が大半です。

ちゃんと強く蹴れるパターンを理解する

【目次】
1.一人一人の得意なパターンの抽出と確立
2.キック力の調整方法を理解させる
3.「腰の入れ方」を知る
4.相手が目の前にいてもゴールできるコースを理解する
5.キーパーが反応できないキックを身につけさせる
6.逆足で蹴らなければならない場面でも利き足が蹴れるようになる方法

1.一人一人の得意なパターンの抽出と確立

これは、自分でさえわかっていない事が非常に多いです。

これを理解する事で、ドリブルの技術とシュート技術が同時に高まります。

2.キック力の調整方法を理解させる

キック力は”筋力”ではありません。

今ある最大限の力をフルに使う方法を3つに分けて教えています。

公園で遊んだことのある子であれば誰でも理解できる内容です。

3.「腰の入れ方」を知る

腰の入れ方とは?よく腰を入れろ!とコーチが言ってもキックにどのように腰を入れるのか?
答えられるコーチは、ほぼいません。

最後に腰をひねる。は間違いです。
いつどのように腰を入れるのか?
も理解すればその場でできるようになります。

4.相手が目の前にいてもゴールできるコースを理解する

サッカーはある程度のレベルになると
全ての選手の動きに法則性が生まれます。

そうした時にグラウンド上で何が起こるのか?
どのようなポジショニングになるのか?
などを全て理解すると
相手が目の前にいてもゴールを決めることができます。

5.キーパーが反応できないキックを身につけさせる

ゴールキーパーが動き出す際にも必ず法則性があります。
キーパーの修正や動きすらも理解しているからこそ
決定力のあるシュートの習得をしていただけます。

6.逆足で蹴らなければならない場面でも利き足が蹴れるようになる方法

世界では両足が蹴ることができる選手の方が珍しいほどです。
必ずと言っていいほど利き足にこだわります。

左側に抜いて左足で蹴らなければならない場面でも、右足で蹴れる方法
こうしたシュートの仕方もお教えてしています。
決して奇抜なことではなく、世界の一流がやっていることを身につけて頂きます。

本当にいいキックを理解して反復させる個人レッスンです。

自分自身の動きを分解して理解することで、正しい反復をすることができます。
そしてそれは試合中にも修正が可能になります。

そしてその内容は世界とトップ選手たちが行なっている
最先端のキックばかりです。

だからレギュラー対策だけでなく、セレクション対策にも生きてきます。

まずはご相談ください。
劇的にシュートが当たり、入るようになる感覚をお届けいたします。

谷田部

日本初のサッカー個人レッスン専門:サッカー家庭教師を運営

現場主義で16年以上個人レッスン専門で

なかなか上手くならなくて困っている子からセレクション対策まで

即効で結果が出る!を売りに活躍中

サッカー家庭教師公式サイトhttps://soccer-kateikyousi.com/

代表谷田部ブログhttps://soccer-kateikyousi.com/daihyoublog/
サッカーお悩み相談室:https://サッカーお悩み相談室.com/
サッカー上手い子下手な子labo: https://サッカー上手い子下手な子labo.tokyo/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

個人レッスンbefore→after事例集

日本全国オンライン動画レッスンで改善!

どんなことが改善できるのか?

谷田部真之助アカデミー一期生全国で生徒募集開始!

関連記事

  1. どうしたらレギュラーになれるのか?どうしたらセレクションに受かるのか?

  2. ボールトラップ(ボールを止める)のコツ

  3. 逆足を上達させるための2つの方法 番外編

  4. 監督やコーチの守備時の「行け!」で何をするのか?

  5. ​ 「判断」「考える」の前に最低限の原理原則を理解していない子が多い

  6. サッカー上手い子の「特徴」とその「性格」について

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,821人の購読者に加わりましょう

【PR】




Twitter でフォロー

サッカー家庭教師他メディア

LINE@追加はクリックかQRコードで

友だち追加

アルバイトコーチ募集

【PR】




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,821人の購読者に加わりましょう