サッカーが下手なのは”思い込み”が上達を阻害している

ここ最近のレッスンの内容

トラップでボールを弾いてしまう。

止めてからボールを蹴るのが遅い

リフティングが出来ない

逆足を蹴れるようにする

ボールが止まらない

囲まれてすぐ取られる

キープ力がない

ドリブルで抜けない

シュート力&キック力、飛距離を伸ばしたい

なかなかシュートが強くならない

シュートを枠の横に外す

シュートを枠の上に外す

シュートがキーパー正面に行く

キーパーとの一対一で決めきれない

守備で奪いきれない

すぐに抜かれる

これらは
「思い込み」
というロックを外して上げるだけで
その場で解決してしまうこともほとんどです。

その思い込みは日本中だけでなく世界中にその誤解は蔓延しています。

常識と思っていたこと。
出来ない人の常識は出来る人の非常識です。

ここにいかに早く気付けるかが勝負です。
何年かけても出来ないことも、ほんの数分で解決することが本当に数多くあります。

個人レッスンは個人レッスンのプロにご相談ください。

夏休み前ということで大変多くのお問い合わせを頂いております。
私谷田部は一人です。

出来るだけ早くのご相談を頂ければと思います。

ご相談お待ちしております。

谷田部

関連記事

  1. フォームの改善は怖いことではない

  2. 上手くなるためのサッカー書籍の選び方と活かし方とは

  3. 「サッカーが下手」と思われる特徴と改善方法

  4. 「技術」とは「道具」。 「道具」を揃え「道具」の使い方を学べ

  5. 「出来ない!」は能力どうこうじゃない。「知らない」からのことの方が8割

  6. サッカーは難しくするから難しくなる。悩んだら原点に帰れ