【緊急!】2019/2018セレクション対策 J下部組織【選考基準(ルール)】が大きく変わっている

【目次】

ハリルホジッチ監督から森保監督で日本のサッカーが変わる
”こんな選手はいらない”とはどんな選手か?
今後危険なスクールやチームの傾向とは?
どうしたら生き残ることができるのか?
対策の方法は?
最後に

こんにちは
谷田部です。

2018年J下部組織のセレクションはほぼ終わりかけています。
そうした中で懸念していた”選考基準”についての動向が大きく変わって来ています。

ではどのように変わって来ているのか。
今年はまだまだ導入期です。
来年にははっきりと選考基準(ルール)が変わり切ります。

ハリルホジッチ監督から森保監督で日本のサッカーが変わる

2018年J下部組織の内部昇格やセレクションの選考基準が大きく変わって来ています。

これは関東だけでなく、日本中で起こっている現象です。

その中身はチームスタイルやスクールの傾向によっては
バッサリと切られるという危険性を孕んでいます。

トップが変わったことで選手がリストラされる

事実今年の小学生から中学生に上がる子たちがどのチームも極端に少ないのがその証拠です。

そこまではっきりと今までは”良い”とされた選手も
ルールが変わったことで”いらない選手スタイル”というものが出てきています。

今までは、欲しい選手を探す、作る。
からむしろ”こんな選手はいらない”側から探して行くと自然と答えは出て来ます。

”こんな選手はいらない”とはどんな選手か?

~ここから会員限定~

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

個人レッスンbefore→after事例集

日本全国オンラインレッスンで改善!

どんなことが改善できるのか?

関連記事

  1. 首都圏のJ下部組織・主要チームのセレクション対策と傾向《保存版》

  2. 年々前倒ししていく感が否めないサッカー界(小学校低学年・幼稚園児も受講受付開始!)

  3. 逆足をより早く上達させる4つのポイント

  4. セレクションに受かりたいのであれば「年がら年中」対策が必要になる時代へ

  5. ドリブルで抜くのが上手い=サッカーが上手いではない

  6. 監督やコーチの守備時の「行け!」で何をするのか?