眠っている「潜在能力」を引き出し、自分の「長所を最大限に活かす」ための個人レッスン

 

ライオン

 

眠っている「潜在能力」を引き出す。
「長所を最大限活かす。」

そんなことが個人レッスンでなぜできるのか?
疑問に思われることは間違いないですが

個人レッスンでしかできないのです。
サッカー家庭教師の個人レッスンでしか・・・
とも言えます。

もちろん私はチーム指導の経験もありますが
やはり一人ひとりの「潜在能力」「長所の活かし方」を最大限に導き出すには
短時間で導き出すには個人レッスンでないと難しいです。
というより無理です。

眠っている「潜在能力」を引き出す。

自分の力を最大限生かせていますか?
持っている力をサッカーに使えていますか?
頭の中で考えている表現を体現出来ていますか?

こう質問すると大抵の場合「NO」という返答が返ってきます。

眠っている潜在能力を引き出すには

サッカーというものさしを理解し、それに沿って自分の力をあてはめていく

 

サッカーというスポーツの本質を理解し

最低限のものさしを理解し、そこに自分の能力をあてがい表現してみる。
何もないところに「楽器」を作り、弾き方を教えていく。
とでも言えば、伝わるでしょうか。
潜在能力を引き出すなんて大袈裟な表現ですが、
理解させものさしを与える。そして表現してみる
そんな時間の連続で最短で結果に直結できるプレーヤーになる。
最終的には評価される上手い選手へと変貌していきます。

長所を最大限に活かす

長所を最大限に活かしきれない。安定して出せない。
という場合には大抵の場合。
前準備や発揮するための前の段階に安定感がない。
ということが大半です。
自分の能力を試合やセレクションで発揮するためには、
活かすための前準備・発揮するための前の段階の安定感が必要になる。ロケットの発射台のような土台をサッカーの長所発揮のために作っていない子が多いのです。

失敗する理由は、失敗するプレーの前段階に原因がある

長所を最大限に活かすためとは別のケースでもたいていの失敗例は、実際のプレーの失敗よりも前の段階の、「準備」の時点で起こっていることが8割以上です。
そうした着眼点を持って練習を行っていかないといつまでたっても時間だけが過ぎていきます。
結果なかなか上達しない。という状態が続いてしまいます。

そうした能力を引き出すための「準備段階」にも重点を置いて改善していく
そんな個人レッスンがサッカー家庭教師にはあります。

 セレクションを受けたい。上手くなりたい。調子の浮き沈みを減らしたい。

本気で思うのであれば、まずはご相談ください。

現状をそのままお伝え頂ければ構いません。

もちろんサッカーの事が詳しくなくても客観的な状況と思いをお伝え頂ければ

あとはこちらで最善の方法をご提案致します。

 

だんだんと過ごしやすくなってきた9月、

ライバルに差を付け追い越すのは、今がチャンスです。

 

谷田部


お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願致します。
button_001


友だち追加数

関連記事

  1. 悪いところを指摘します。直し、さらによくする方法があるから

  2. 足技が上手い。狭い所でパスを回せる。では、セレクションは受かりません。

  3. 最近の「個人レッスン」・「ゲーム会」・「全国統一セレクション模試」を振り返って

  4. サッカーの楽しさを思い出させる個人レッスン

  5. 評価をされない原因。周りについていけない原因。を克服する方法

  6. 腰の入れ方って知ってる? クロスステップの使い方知ってる?常識を疑え!!

オフィシャルサプライヤー

プロフィール

tel

LINEで更新情報を受け取れます。

友だち追加数