腰の入れ方って知ってる? クロスステップの使い方知ってる?常識を疑え!!

a0024_000189
腰を入れて打て!
腰を入れる?

体をひねる?力を入れる。
皆さんはどのようにすることを想像するでしょうか。
そして腰を入れるって何?

シュートの時によく「腰を入れて打て」
強いシュートのコツを聞くと大体このようなアドバイスを受けると思います。

腰をひねる?
完全に間違いではありませんが、間違いです。
お相撲さんが相手を押す時にひねりますか?
引っ越し屋さんが重い荷物を持つ時ひねりますか?

そうです。腰を入れる。というのは「体重を上手く使う」「重心を上手く使う」ということです。

ではクロスステップって何のための練習ですか?

今では当たり前にアップなどで、どこのチームでも行う
「クロスステップ」
これをやる意味。知っていますか?
ステップワーク
確かにそうですがサッカーの現場でどのようにいつ使うのか?

これを応えられるコーチ関係者がどれだけいるでしょうか。
私に教わりに来る子はこの質問をすると大体口をつぐみます。

それだけ教わらず、ただやらされている。
コーチ達もやらされていたからやらせている。
という練習がどれだけ多いのか?

常識を疑え!今やっていることを疑え!

何も今チームやスクールでやっている練習を全否定するわけではありません。
でも、ただやらされている。どのように使うのか。を理解していない。

これでは、効果は半分以下。
スクールやチームの練習の時間が非常にもったいない。

ただやってるだけではだめなのです。ただやらせるだけではだめなのです。
質問すれば「考えろ」と返ってくるでしょう。
何とも都合のいい言葉です。「考えろ」

クロスステップを使うとシュート力が上がる

ここに紹介するのは、クロスステップの使い方の1つです。
私の個人レッスン内でクロスステップは様々な場面で登場します。

使い方を理解すると非常に有効かつ、応用が効くのが「クロスステップ」なのです。

これを正しく使うとシュート力が上がる。
きっと「何いってるんだ?」「どうやって使うんだよ?」
聞いた人は、戸惑うと思います。

これ、出来る選手やプレーヤーは当たり前に使っています。
ただ本人達も意識はしていないと思います。

下手くそで困っている
キック力がない。

という人は使えていない。

ただこれだけの話です。

クロスステップを使うと腰の入ったシュートになる

クロスステップを使うとシュート力が上がる秘密は
腰が入るということです。
重心を上手く使える。

まさにこれです。

上記したように上手い選手は試合中でもナチュラルに使っています。
おかしなことをしろ!と言っているわけではありません。

だからこそ、「気づき」→「習慣化」した人間から
キック力が変わります。

小学生も中学生も高校生も関係ありません。

非常に簡単に変わります。

でも理解し、使っている人がいるのか?は疑問です。
言葉にしている人はいないと思います。

技術を言葉で理解するだけでこんなに変わる!?

私のレッスンでは
技術を言葉にします。

もちろん小学生が上達するのですから
それほど難しい言葉でなく非常に簡単な言葉でです。
(ブログを読んでいる方は私が気難しい人間と思われるかもしれませんがそんなことはありません。(笑))

非常に簡単な言葉での指導で劇的に変わるのです。

そんなことだったんだ。という発見の連続を体験してください。

一日でも確実に変化を実感できます。

遠方からのお客様も上達を実感して頂いています。
まずはご相談ください。
北海道や沖縄、カナダやアメリカなど、海外からもお越し頂いております。

10分足らずでも変わる技術というものがたくさんあるのです。
そして理解して反復を何度か繰り返す。それだけでも大きく変わります。

私も驚くほどですが
それほど、ポイントなどを意識せずただただ練習をしていた。
ということだと思います。

まずはご相談ください。

最適なレッスンをご提案致します。

谷田部



お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。

関連記事

  1. シュートが入らない。逆足が蹴れない。原因にボールを蹴る足は関係ない!?

  2. 最近のサッカー家庭教師について

  3. 綺麗なプレーは”結果”を出してからでいいのでは?

  4. サッカーで悩んでいるお子さんと親御さんを無くすために

  5. 大阪へ向かっております。

  6. 頭の中をより”シンプル”に出来るか