「届けたい」のはその先にある「感激」

こんにちは
谷田部です。

今日は個人レッスンについて書いていこうと思います。

個人レッスンを選ぶ際、またはチーム、スクール選びにも役立つと思います。

長年上手くならなかった子がその場で変わる体験

最近では、個人レッスンを謳うサービスが非常に増えています。
サッカーの個人レッスンを日本で最初に形にした私からすれば
客観的に見ていた本当にしょうもない
「私が目指したものはそこではない」
声を大にして言いたくなるほどがっかりするサービスをたくさん目にします。

結局もっともらしいことを言うのも形だけで、傍で聞いていると本当に中身がない

もっと言えば、その段階にないレベルの練習をそのまま延々と続ける。
それで「ヨシ!」としている教えている側とその親御さんが非常に問題に見えます。

あれじゃ試合で何にも変わらない
練習が上手くなっただけにすぎない

サッカー家庭教師の私のメソッドは

その場で、「変化」を本人も親御さんも実感することができる
そんな体験をお届けしています。
しかも試合に直結するものをお届けします。

見た目がみるみる変わって行く

本人や親御さんの言わんとしていること
これを汲み取り
根本的に解決していく

他の個人レッスンは私から言わせれば

「風邪だから風邪薬ください」
で、そのまま処方するお医者さんと同じです。

要するに
客観的な「訴えている症状」

そこから読み取る必要のある

疑うべき原因、根本的な「原因」から

アプローチするいくつもの方法を瞬時に導き出す。

お医者さんに例えるとわかると思いますが
ほとんどの「コーチ」と名乗る他の個人レッスンは
私から言わせれば「ヤブ医者だらけ」
です。

技術を教える前の段階から「考え方」まで修正する

本当にいいお医者さんは生活習慣から改善させると言います。
まさにサッカーの場合だって同じことです。

症状があれば「なぜ」「どうして」を繰り返し
原因となるものをしらみ潰しに潰していく

それをやらずに世の中のサッカーに関わる「コーチ」や「悩める親御さん」は
ひたすらに「練習方法」ばかりを欲しがる

「薬」に「薬」をいくら上乗せしても根本的な治療にはならない

それはサッカーも同じです。
みなさんが欲しがる「練習方法」は「薬」と同じです。

飲めば治る。塗れば治る。ではないんです。

生活習慣が原因であればいくら「薬」を飲んでも治りません。
小学生や中学生、高校生であれば
まだまだ「習慣」や「考え方」から再構築が可能です。
だからサッカー家庭教師のメソッドは

速攻で結果を出し続けているのです。

アプローチや信頼関係の構築が鍵

だからと言って
こうした話を私のyoutubeを見たからといって、誰しもができるわけではありません。

近所のおっさんがいくら治療方法を教えたからといって聞くでしょうか。
改善経験の乏しい人の言うことを誰が聞くのでしょうか。

どこで学んだかわからないような人の話は危険です。
それはここまで来ればお医者さんに例えた話で重々伝わると思いますが、、、

今、私谷田部のメソッドを実際のレッスンに引き連れ
若手に伝承しています。
もちろん人柄やコミュニケーション能力など厳選したん人間ばかりです。

彼らのレッスンはリーズナブルですが、実践的なものを踏襲しております。

まずはお気軽にご相談ください。
お待ちしております。

谷田部

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. サッカーの本質は「ゴール」ドリブルは手段の一つに過ぎない

  2. とにかく数分ででも出来るようになる「実感」と「達成感」を味わってほしい

  3. 陸上の走り方を取り入れれば取り入れるほどサッカーは下手になる

  4. ボールを止めてから蹴るまでのタッチ数が多いのは、プレースピードを遅らせる

  5. セレクションや試合で自分自身のスイッチを入れる「鍵」はオフザボールにある

  6. サッカー個人レッスンは、”即効性”と”質”で選ぶ

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説