「自信」を身に着けるには、多角的な目で見られてほしい

こんにちは
谷田部です。

今回は先日行ったセレクション対策講座”後”でいくつか普段教えている子たちのレッスンを終えたのでそうした部分について書いていきたいと思います。

普段のチームとは違った”良いプレイ”が出来た!

普段のチームよりもいいプレーが出来た。という声が一番うれしいです。
チームが無秩序だといい選手も埋もれてしまうことがあります。

正しくやろうとしても、他の人間があまりにも無秩序だとセオリーを覚えても
それは全く役に立ちません。

そうした自分の上達具合を確認できる場になったことは非常に良かったと思います。

出来る!を確認できる場の用意を

個人レッスンでは正直限界があります。

それは今通っているチームが
”サッカーではない”場合です。

技術面しかり、コーチだったり、
本人だけではどうしようもないサッカーでない環境ではない状況がまだまだあったりするのです。

そうした時に、
いきなり移籍!の前の力試しの場としても使えると考えています。

たった一つの狭い世界から飛び出せ!

子供たちや親御さんにとっては今のチームの評価がすべて

と思っている方が少なくありません。

本当はうまいのに使いこなせてもらっていない。
チームのスタイルとあっていない。
ということも間々あることです。

だからと言っていきなりセレクションを受けても受からないレベルであれば
それは不安で不安で仕方ないと思います。

道半ばだからこそ方向性にも不安が出る自分の位置を確認しよう

個人レッスンを通じて力はついてきた。
なんとなく、周りの様子は変わったけど自分の立ち位置とレベルは?

力試しをしたくなってきている時点で、自信がついてきている証拠ですが
そうした思いをぶつける場。

そうしたサイクルを作ることが私の仕事と思っています。

セレクション対策○○について

セレクション対策クリニックや講座、模試など様々な
”色んな人とサッカーをやる場”

こうしたものはトレセンに呼ばれる子たちはいいんですが
今現在評価のついていないお子さん達は自分の立ち位置が
「チームの評価」という狭い世界がすべてになってしまいます。

こうした狭い世界にとらわれず
自分の大きな可能性を確認する。
立ち位置を確認する場。
として私谷田部は提供しています。

ネット上やツイッターでは
金儲け、ビジネス。サッカーを勘違い。
という悲しい言われ方をしている方も多数見受けられますが・・・。

まあそれはそれです。

色々な価値観に触れること。
世界を広げること
自分の可能性を感じること

こうした刺激を少しでも感じてもらうための場としては非常に重要だと思います。
もちろんセレクション対策なのでそのモチベーションを持っていてもらっても構わないのは当然です。

チャレンジを続ける。
自分自身と対話し、模索する。
そんなチャンスをより多く提供したい。

そうしたサポートを個人レッスンで出来ればそれもまた一つです。

まとめ

よく言うのは、若いうちに海外に出ればものを多角的に見れる。
可能性が広がる。

とはいってもそう簡単ではありません。

特に小学生の場合、既存のチームが全て。というのは最も多い考え方です。
そうした考えを身近にぶち壊していく。

色々な考えの中に体当たりしていく場にも
セレクション関係の大人数の場はうまく機能してくれていると思います。

個人レッスンとチームでの自信を作ることはもちろん可能です。
それでもさらにレベルアップを考えたい!
という高みを応援する。

そんなサッカー家庭教師の谷田部真之助です。

谷田部

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

個人レッスンbefore→after事例集

日本全国オンライン動画レッスンで改善!

どんなことが改善できるのか?

谷田部真之助アカデミー一期生全国で生徒募集開始!

関連記事

  1. 腰の入れ方って知ってる? クロスステップの使い方知ってる?常識を疑え!!

  2. 強豪セレクションは「外部的要素」だけでなく「内部的要素」対策強化へ

  3. 型にハマれ。それが応用力を高める一番の近道 

  4. セレクションや試合で自分自身のスイッチを入れる「鍵」はオフザボールにある

  5. ボールが高く上がらない、飛ばない。ドリブルのタッチを細かく出来ない。に潜む「共通の原因」とは

  6. 野球や武道など独自の「一人でも反復しやすいメニュー」を作り「日本流」がしっかりと根付いている

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説