サッカーで「自信」「出来る」を感じると学校生活や私生活も頑張れる


こんにちは
谷田部です。

今やどこででもサッカーが出来る環境が増えています。
スクールやチームなどいくつも掛け持ちしている子も多いです。

サッカーの「出来る」を感じてもらう個人レッスン

そうした中でサッカーが「出来る」を感じ自信がつくと子供たちは大きく変わります。
子供たちのサッカーというのは
その環境の中ですでにヒエラルキーが生まれています。

知らず知らずのうちにフラットではなく
サッカーの上手い子たちが下手な子たちにマウントしていることが多々あります。

知らず知らずのうちに「自分はサッカーが下手」=ダメな奴
という劣等感が染みついていきます。

そうした状況をひっくり返す方法はないか?
親であれば誰しも思うはずです。

正しい努力は状況をも変える

「正しい努力」といってもスパルタで走りまくって追い込む
ということではありません。

高校生や中学生はもちろん見ていますが
小学校1年生からでも見ている私です。

小学校1年生や2年生でも
サッカーの正しい努力と継続の方法は身に付きます。

とにかく学校でも塾でも先生が重要

物事を学ぶとき
内容以上に大切なのは教え方。

そしてその人の雰囲気です。


説得力だけではなく、この先生(授業)は「楽しい」と感じるとそれだけでその教科が好きになったりします。

特にサッカーで個人レッスンを受けに来る状況というのは
サッカーに自信がなく、苦手意識や嫌いになりかけていることがほとんどです。

そこをひっくり返す必要があるという逆境中の逆境ですから
「先生」は非常に重要なのです。

大切なお子さんだからこそ「先生」を選べるのであればしっかりと吟味して見出し

私にも子供がいますが
スクールやチームというのはそのチームの強さよりも
指導する先生で選びます。

強いも弱いも関係なく「人柄重視」がスクール選考で大事な部分です。
ハードもそうですが担当コーチ次第で私であれば休会も躊躇しません。

それだけ子供に関わらせる大人は大事にしています。
これはサッカーに限らずです。

自信を失っている。からこそ関わる大人は重要なんです。

個人レッスンとは、日本で私以外は全ての人が副業です。
そうした時に決まって話に出るのは
サッカーを教えるだけの「楽そう」というコーチたちの印象

学生のバイト君たちも大半が気楽な気持ちで入ってきます。
自分はサッカーが上手いから教えられるだろう。と

要するにサッカーの遊びの延長で個人レッスンを行っている大人が躍起しているのがこの世界です。
大きな会社だから、もっともらしいことを言っているからで選ぶと
子供たちの感受性は、過敏に反応します。

正しい個人レッスンを選ぶこと

ここから本当に上手くなれるかどうかは始まっています。
正しくしっかりと即効性をもって上手くなれる個人レッスンはサッカー家庭教師です。

谷田部

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. 「ボールをもらえない」 この状況をどう打破しますか?

  2. 自己流もプロにポイントを教わるだけで日常から変わります。

  3. さらなる上達のためには「状況判断力」を身に着けることが必要

  4. ジグザグドリブルを一生懸命やるだけでは上手くならない。ジグザグドリブル練習の3つの弊害とは

  5. 技術も戦術も勝つための「術(すべ)」に過ぎない

  6. 「ボールに触る前」の段階で上手い子と下手な子の差はついています。

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説