セレクションではコーチが【上手い!と感じる】ポイントを刺激せよ!

・見るタイミング
・足捌き
・センスを感じる技術を駆使する
・上手い選手にある共通点を取り入れる
・サッカーを知っているな。と印象付ける方法

サッカーも体操やフィギュアスケートのように加算ポイントを感じるスキルがある
表現するスポーツやボクシングのように
判定(共通して感じる)するポイントがあります。
なぜなら皆が納得しないと獲得に至らないからです。

残念ながらコーチはドリブルだけでセンスは感じない

ドリブルですべてのフェイント技術を出し切れば受かる
ということはまずありません。

不要なフェイントは逆にミスのリスクも高く上手くいっても加算としては低いです。

さらに言えばドリブルドリブルばかりでは
持ちすぎの印象すら与えてしまい
チームスタイルによっては減点対象です。

コーチ陣が【上手い!と感じる】ポイントを理解しているかどうかが勝負

今からの季節はぎりぎりです。
だからこそ

付け焼刃でもコーチ陣を感じさせるポイントを駆使する他ないのです。

合格後レッスンをその後続けなかった子は見事に干されている子もいます。

逆に言えば付け焼刃でも合格を手にすることも可能なのです。

昨年に最終までの残った。いい線まで行った子の場合

大体の場合このケースは

運動神経がいい。

ボールコントロールは上手い。

ただ・・・

 

サッカーを知らないな。

 

という印象を与えていることが非常に多いです。

セレクションで入れるからには、即戦力が理想です。

そうしたときに、戦術的に理解していない。

チームにフィットできないだろうな。

という印象を与えることは

コーチ陣も迷うのです。

 

ただし、この場合の改善はさほど難しくありません。

J下部組織のコーチが求めるサッカーを知っている人でないと対策はありえない

いろいろな業者がセレクション対策を行っていますが、できるはずないだろう。

というサッカーのレベルの業者がほとんどです。

 

非常に大切なのは

サッカー選手としてのキャリアや歩んできた道

が「日本」の正しいサッカーに触れてきていることが最低限

 

そして正しいサッカーを知り、それを入れるスキルがあること

さらに、高いレベルの分析力や各チームの事情

を知り尽くしていて初めて、高精度なセレクション対策を行えるのです。

逆にこれらがないと、ただセレクション対策という名の練習をしているにすぎません。

セレクション対策は佳境

セレクション対策は本当の意味で佳境を迎えています。

地震のあったコンサドーレもしっかりと予定通り行うそうです。

 

東京、埼玉、千葉、神奈川、だけでなく、関西(大阪、京都、兵庫)や名古屋、静岡 岡山、広島

などからセレクションのご相談もたくさん頂いております。

 

日本全国のJ下部組織のセレクション対策にも効果的な方法がしっかりとあるのです。

ぜひ早めの対策をお勧めします。

 

谷田部

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

個人レッスンbefore→after事例集

日本全国オンラインレッスンで改善!

どんなことが改善できるのか?

関連記事

  1. 本気でサッカーを上手くなりたいなら「プレースピード」を上げろ

  2. 昨日のゲーム会について

  3. セレクションでしっかりと安定したプレーを発揮する方法とは

  4. 上手い子の特徴とは?まずこの2つから違う。

  5. 年々狭き門と化すセレクション。スカウティング対策や内定対策が早急に求められている

  6. セレクション不合格はなぜなのか?