サッカーで「自信」を身に着ける方法。 上手くなるだけではつかない。

他人に影響を与えたことを自覚して初めて「自信」になる

「自信」とは上手くなるだけではつきません。
他人に影響を与えたことを自覚して初めて「自信」
になります。
他人に影響を与えるとは・・・
周囲に変化を感じてもらう
周囲に褒められる
認められる

周囲が認める「上手さ」を最短距離で作るには?

最低限、ちゃんと
周りが「上手い」と感じるポイントを熟知していることが必要です。(意外と理解していない関係者は少なくありません。)
監督やコーチだけでなく、サッカー関係者が
何を見てどこを見て「上手い」と感じているのか
それをすべて説明できないようでは
「周囲が認める上手さ」
を作ることは出来ません。

周囲が認める「上手さを理解」しているだけでもダメ

次に必要なのは、作り方です。

誰もが認める「上手さ」を身に着けさせるスキル

が必要になります。

 

その子を理解し、チームの監督コーチの好みまでを熟知し

オーダーメードで「上手さ」を入れる。分析力

 

もちろん本人に合った形でです。

最短で「周囲が認める上手さ」を身に着けるとみるみる「自信」がつく

周囲の反応もタイミングやリズムが必要です。

だらだらと上達していては、そこまで相手にしてくれません。

 

見るたび見るたび変化がポンポンポンっとあると、皆が注目し続けます。

周囲にも

【変化に気づく】

という優越感と楽しみを与えること

そうすることで、

サッカーの中に「居場所」を確立していきます。

サッカーが下手な子は、自信がない。
というのもそうですが
サッカーのチーム内での「居場所」を求めているといっても過言ではないのです。

「自信」をつけるには、取り戻すには、即効性のある上達方法が不可欠

周りが「上手い」と感じるポイントを熟知していること

誰もが認める「上手さ」を身に着けさせるスキル

分析力

本人に合った形

これらを併せ持った形があると「即効性」が生まれます。
そして「結果」が出ます。
もちろん、それぞれの状況や周りの人で求める(反応する)「上手さ」は異なります。
しかし、周囲が認める「上手さ」を身に付けることが出来れば「自信」とともに本物の「実力」も自ずと身につくのです。
自信を失っている。
自信をつけたい。
というのであれば

そうした「周囲を巻き込む影響力」をつける個人レッスンを選ぶことがおすすめです。

他人に影響を与えたことを自覚して初めて「自信」になるということ

自分がいくら上手いと思っても、周囲が評価していない。
それは
自分自身がよく理解しているはずです。
自信を本気でつけたい。
取り戻したいなら
やみくもな上達を求めず、最短距離を突き進み一刻も早く状況を打開してください。
谷田部

日本初のサッカー個人レッスン専門:サッカー家庭教師を運営

現場主義で15年以上個人レッスン専門で

なかなか上手くならなくて困っている子からセレクション対策まで

即効で結果が出る!を売りに活躍中

サッカー家庭教師公式サイトhttps://soccer-kateikyousi.com/

代表谷田部ブログhttps://soccer-kateikyousi.com/daihyoublog/
サッカーお悩み相談室:https://サッカーお悩み相談室.com/
サッカー上手い子下手な子labo: https://サッカー上手い子下手な子labo.tokyo/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

個人レッスンbefore→after事例集

日本全国オンラインレッスンで改善!

どんなことが改善できるのか?

関連記事

  1. サッカーで「自信」「出来る」を感じると学校生活や私生活も頑張れる

  2. ゴールを取るパターンから覚えるから「自信」がつく

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,821人の購読者に加わりましょう

【PR】




サッカー家庭教師他メディア

LINE@追加はクリックかQRコードで

友だち追加

アルバイトコーチ募集

【PR】




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,821人の購読者に加わりましょう