どうしたらレギュラーになれるのか?どうしたらセレクションに受かるのか?

コーチたちは”正しいサッカー”を理解する選手が欲しい。

セレクションに限らず、レギュラーになるためにもコーチたちは”正しいサッカー”をしてくれる子
というのを使いやすい。と思っているのは間違いありません。

”正しいサッカー”とは何なのか?

サッカーの目的を理解し、状況ごとに自分自身で物事を判断し、実行できる。
というのが理想です。

もっともっと言うと「サッカーの目的の理解」ここが抜け落ちている子が少なくありません。

正しいサッカーの上でどんな特徴や個性があるのかをコーチは見たい

上に挙げた
”正しいサッカー”
これを出来ずしていきなり、特徴や個性をぶつけてしまう。

レギュラーで安定して出ることは非常に難しくなります。
いくら上手くてもスーパーサブに回されがちになったりします。

いきなり個性や特徴ばかりを見せようとする子は落とされる

セレクションの場合は、結局落とされます。

なぜなら、「サッカーの目的の理解」が出来ていない。と判断されてしまうからです。
自分自身の特徴や個性だけをぶつけてもチームとして受け入れにくければそれは弾かれてしまうのです。

セレクションのためではないとは言っても避けては通れない

完全にお受験の世界に突入しているサッカー界と言える時代に日本もなってきています。

正しいサッカーを理解し、それを体現する技術と知識を身に着け
自分自身の特徴や個性を発揮できる選手になる必要がある。

何のためにサッカーをやるのか?
もちろんセレクションのためではない。のは間違いありませんが
南米やヨーロッパではセレクションに受からなければ、またはスカウトされなければ
正規のサッカーチームへの入団ということは不可能です。

サッカーをやる環境を手に入れるためには避けては通れないのです。
それでも上記した正しいサッカー、そして自分の特徴

これは決して楽しいサッカーを捨てろと言っているわけではありません。
逆にサッカーを楽しむためのスキルを身につけろと言っているにすぎないのです。

チームが欲しいと思っている最低限の正しいサッカーと自分自身の特徴を理解し
さらなる高みを目指してほしいと思います。

正しいサッカーと特徴の掘り起こし、磨き上げは
サッカー家庭教師の個人レッスンにお任ください。

谷田部

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. ドリブルで抜くのが上手い=サッカーが上手いではない

  2. 「考えろ」「 判断」 そのためには顔を上げる必要がある そして ~顔を上げてプレーするにも【コツ】がある~

  3. ボールコントロールだけでは「差」がつかなくなってきている

  4. サッカーの技術的進歩の「恩恵」を体感、実感するから上手くなる

  5. セレクションはすでに始まっている。

  6. サッカーを「練習する段階にない子」に練習をさせたがる大人

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説