ポテンシャルを引き出すには「理解」「整理」「環境」が重要

こんにちは谷田部です。

最近のゲーム会2つ目のクラスもお陰様で盛況です。

個人レッスンのインプットとゲーム会のアウトプットで
以前よりも成功体験を得るまでのが時間が一気に短縮できるようになってきております。

今現在下手な子でも眠っている力を引っ張り出せば戦えるようになる。
というのが面白いところです。

実際ゲーム会は学年関係なく行っています。
そうした時にも学年が下の子も物怖じせずに向かっていける。

学年が上の子は下の子たちをうまくコントロールしながらも
普段の自分のスキルを身に着けていくコーチングスキルやマルチタスク能力も求められる
など

個人レッスンのスキルを活かすための「環境」もご用意しております。

サッカーは「技術の理解」と「技術の整理」でもっともっと伸びる

サッカーで困っている子は
サッカーの知識や技術はたくさん持っていることが多くなってきています。
もちろん持っていない子もいますが
サッカーが上達するうえでどちらもあまり関係ありません。

なければ持てばいい。持ちすぎもまた逆効果

input:必要な技術の習得と理解、整理, 個人レッスン

output:環境,ゲーム会やセレクション模試

正しくインプットし、反復でセルフアウトプットしていく
ゲーム会やセレクション模試という環境の中でアウトプットし私もチェックしていく、
さらに修正する。の流れで一気に上達が可能なのです。

眠っている力はちょっとした刺激でドバドバ出てくる

正しい過程を踏んで行くことも必要不可欠です。
その過程の中で「関わる人間」や「環境」に良いタイミングで触れることが出来るか?

自信というのは「環境」や「周囲の人間」がものを言います。
正しい過程の中で「環境」や「周囲の人間」を整えていく

そうした場もゲーム会やセレクション模試に期待して頂ければと思います。

 

伸び悩んで悩んでいる時間はもったいない

悩んでいる時間は正直もったいないです。

少しでも早く解決する糸口に触れてほしいと思います。

 

どうにかできる方法がここにはあります。

まずはご相談ください。

 

お待ちしております。

 

谷田部

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. 何年もかかって気づけるような「経験」や「感覚」を 一気に体感してもらう個人レッスン

  2. スピードとドリブル技術だけを追求した小学生の行く末

  3. 今よりもレベルアップを考えるなら身に着ける「技術」の順序も大切

  4. 「ボールコントロール」の方法は「体のコントロール」から覚えれば簡単

  5. 最近のサッカー家庭教師について

  6. 「技術」を理解し整理することでスランプを減らし、一気に上達が出来る。

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説