囲まれた時の改善策は?”ドリブル技術”が問題ではない!?

おはようございます。

よくある相談で
囲まれた時にどうしたらよい?

というものがあります。

そして流れとしては

囲まれた時の突破の仕方を教えて欲しい

となります。

最近ではドリブルに特化したスクールも増えているからでしょうか。

ドリブルありきな傾向が見られます。
囲まれたら抜けばよい。

は最も単純ですが

もっと言えば

囲まれない。囲ませないようにすればよいのです。

みんながみんな囲まれますか?

囲まれている子は共通点があります。
囲まれる子は大体決まっているはずです。

囲まれる子を脱却するところにいくことを考えることの方が大切です。

その上で、囲まれた時のドリブルの練習に励んで欲しいと思います。
囲まれた時のドリブル技術は、なかなか身につきづらいですが、囲まれない方法はものすごく単純です。

まずは囲まれないために「予防策」を考えよう

予防策を張り、対応策としてドリブルをやっていく

いきなり対応から考え始めることは日常では非常識です。

サッカーの常識を疑うことから人とは違く、差をつけることができます。
今の日本はみんながみんな同じようなスクールに励んでいます。

そうした中にいては差は付きません。
違うことをするから変化が目立ちます。

ものすごく当然のことを教えます。

突拍子のないことを教えるわけではありません。
プロの選手が当たり前にやっているのに、ただただ見落とされている技術がたくさんあります。

それを教えているだけです。

知っているか知らないかで大きく差は付きます。

ご相談お待ちしております。
谷田部

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. “歩き方”だけでサッカーは劇的に上手くなる

  2. 試合に出られない子はなにをすべきなのか?

  3. ドリブルやボールコントロールは良くても「止める」がおざなり

  4. 監督やコーチの守備時の「行け!」で何をするのか?

  5. 今後、本当に必要なスキルは 相手や味方が何を考え、何を求めているかを「読み取る力」

  6. 「答え」を教えてしまうと「自分で考える力がつかない?」そんな馬鹿な話はあり得ない。

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説