サッカーとは「物理学」と「行動科学」の集合体。

a1600_000236
サッカーとは「物理学」と「行動科学」の集合体であることをしっかりと認識することで
本当に大きなアドバンテージを得ることが出来ます。
それを上記を理解すると・・・
今の技術が整理されさらに磨きをかけやすくなる。
自分自身の技術を理解することで他の技術も連動して上達する
他さまざまな利点が生まれてきます。
「行動科学」とは人間行動科学的に研究し、その法則性を解明しようとする学問。社会内の個体間コミュニケーション意思決定メカニズムなどに焦点を当てる
「物理学」とは 自然界に見られる現象には、人間の恣意的な解釈に依らない普遍的な法則があると考え、自然界の現象とその性質を、物質とその間に働く相互作用によって理解すること(力学的理解)    wikipediaより引用
難しく表現してしまいましたが、
行動科学をもっと簡単に言えば心理学的要素(意思決定理由、判断)
物理学に関しては小学生の理科程度の知識で生活圏内のモノをヒントにするだけで大きく変わります。
これらの観点から練習を組み立てるから一気に上達する
小学生でもわかるほど砕いて一気に体で覚えるから面白いように勝てるようになる。出来るようになる。
本来なら公園遊びや集団でのコミュニケーションで身に着けることをサッカーの中には凝縮されています。
そういったものをサッカー家庭教師では、楽しく自然と身に着けさせます。

この個人レッスンは理解が難しいんじゃないの?対象学年は?

今現在も小学校1年生から高校3年生までが常に受講しています。
もちろん理解度やレベルによって表現を変えます。
とはいっても小1も高校3年生もやることはほとんど同じようなものです。
強度や難易度の調整ですが小学校一年生もメキメキ上達しています。
谷田部の小学生の頃から20年以上蓄積アップデートされたものを惜しみなく解放する個人レッスンです。
出来る人と出来ない人の対比と分析⇨修正改善に関してはプロ中のプロの谷田部におまかせ下さい。
 実際のレッスンはそんな難しいことを教わっている。なんて気付かないほど自然に楽しく笑いありでやっております。肩の力を抜いて受講ください。

チームレッスンでは、理解が出来たかどうかを全員をフォローしきれない。

残念ながらチームレッスンでは全員が出来るのを待っていると

先に出来た子が焦れる。ということがほとんどです。

私もチーム指導が元々であり、知り合いのチームでの指導を今でもたまに手伝いますが
定着の度合いにバラつきがあるため、ある程度で次に行かざるを得ません。

そうした観点からも、
置き去りをしなくてもよい。個人レッスンというのは
お子さんにとっても、コーチにとっても一番良い形なのです。

 

今回は難しい説明になってしまいましたが、本当に楽しみながら上達できる個人レッスンはサッカー家庭教師です。

コーチもしっかりと選ぶ時代。

まずはご相談ください。何かを確実に得る時間を過ごさせます。

 

谷田部

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. さらなる上達のためには「状況判断力」を身に着けることが必要

  2. 環境(サッカースクール・チーム)の中で上に行こうともがくから上達できる

  3. 逆足でのインサイド(パス)インフロント(ロングキック)インステップ(シュート)はそれぞれコツが違う

  4. ポテンシャルを引き出すには「理解」「整理」「環境」が重要

  5. サッカーの技術的進歩の「恩恵」を体感、実感するから上手くなる

  6. サッカーが上手くなりたければ「自主練習をするしかない」

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説