ボールが高く上がらない、飛ばない。ドリブルのタッチを細かく出来ない。に潜む「共通の原因」とは

キック力をつけたい。
ボールを遠くに飛ばしたい。
高さを出したい。
ゴールキックを蹴れるようになりたい。
コーナーキックを蹴れるようになりたい。

これはいわゆるインフロントキックと呼ばれるものです。

そして
ドリブルのタッチを細かくしたい。
もっとドリブル技術を身に着けたい。

このようなご相談を多く頂きます。
そしてこうしたご相談の背景には、共通の原因が潜んでいることがほとんどです。

サッカーの歩き方、走り方が出来ていないとドリブルもキックも上手くいかない

上記したインフロントキック
そしてドリブル

この二つで言えることは、見た目が非常に大切である。
ということです。

それは上半身の使い方も足の置く位置など
要するに「歩き方」と「走り方」の根本的に潜んでいることが多いのです。

サッカーだけでなく、スポーツにおいて歩き方や走り方は根本的な問題

サッカーだけでなく、スポーツ全般において走ること、そして歩くことは基本中の基本です。
だからと言ってサッカーの走り方と「陸上」の走り方は異なります。

かけっこ教室に行くとサッカーは下手になります。

サッカーはサッカーの走り方や歩き方があります。

私がサッカーの歩き方教室や走り方教室を行ってもいいのですが
正直それだけで運営は成り立ちません。

1

2


お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

関連記事

  1. もっと「ワイルドに!」サッカーをやろう

  2. どうしたらレギュラーになれるのか?どうしたらセレクションに受かるのか?

  3. 「サッカーが下手」と思われる特徴と改善方法

  4. サッカーの本質は「ゴール」ドリブルは手段の一つに過ぎない

  5. いくら「技術」が高くても「戦う姿勢」を見せられない選手は淘汰される

  6. ポテンシャルを引き出すには「理解」「整理」「環境」が重要

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,784人の購読者に加わりましょう

オフィシャルサプライヤー

プロフィール

tel

LINEで更新情報を受け取れます。

友だち追加数