スパイクやシューズからも見える一流選手の動き方や技術

サッカー家庭教師の谷田部のレッスンでは
歩き方や走り方の修正改善を行うことが増えてきました。

遠くにボールを飛ばせない、高いボールが蹴れない。
などの原因は、キックのフォーム以前に歩き方や走り方などのご相談を頂くと
以外にも歩き方や走り方から直さなければならないことが本当に多いのです。

その理由としては、しっかりとスピードのコントロールとストップが出来ていない。
特に止まる際にはスパイクやシューズの性能をフルに生かすために着地の仕方なども大事になります。

上手くボールを蹴れていない子は
”軸足の踏み込みの着地がかかとやつま先から着地をしています。”
スパイクの性能を生かすには真上からしっかりと足裏全体でつくほうが止まりやすいのは形状からもわかると思います。

助走が早すぎて、止まれない。そうするとフォームが崩れ結果的にキックがままならないのです。

陸上派生のかけっこ教室は、サッカーが下手になる。

サッカーの走り方は陸上とは違います。
以前にも書きましたが陸上の走り方はサッカーが下手になります。
もっと言うとドリブルが下手になります。
なぜなら、陸上の走りは前方に特化しているためです。
シューズを見れば明らかだと思います。

 

陸上の走り方はドリブルをするための走り方ではありません。
トラップをするための走り方、何かに瞬時に反応するための走り方ではありません。

陸上の短距離のシューズはつま先だけにとげのようなポイントがついています。

陸上の選手の走り方を研究して作られ開発された賜物です。

つま先でかいていくような走りに対し

サッカー選手は表現が悪いですが、ベタベタと歩き、走ります。
そのため、ポイントがついていても高さはフラットに近い形になるはずです。

もっと言えばボクシングやプロレスのように
サッカーは360度前後左右に俊敏に動くことが求められます。

写真はボクシングシューズ

写真はレスリングシューズ

そうすると格闘技の立ち方や歩き方、そしてそこからのダッシュや反転
などができる走り方でなかればならないはずなのです。

サッカー指導者よりもシューズ開発者のほうが正しいサッカーの動き方や技術のフォームを知っている

サッカーシューズの開発者は一流選手の動きやパフォーマンスをさらに向上させるために
研究に研究を重ねています。

選手の無意識の動きすらも見ているため、選手本人以上に動きや特徴を知っていると言っても過言ではないかもしれません。

そうしたシューズとから逆算していけば、機能を正しく出せるようにしていけば一流選手の動きに近づけるということです。

もっと言えばボールを止める、蹴るのポイントすら教えてくれているシューズすらあります。

考えてみてください。
シューズの裏や皮の削れ方、痛み方どうでしょうか?

体の使い方や癖がある。とはいえ、正しくシューズを消耗できているかどうか?
も一つの指針になりうるのです。

サッカー家庭教師の個人レッスンは逆算的だから一気に上達する

今回のスパイクの話はあくまでも一部の例にすぎません。

サッカー家庭教師の個人レッスンは一流選手の動きを逆算的に、お子様に入れていき
同じようなシルエットやフォームになるように、理解から深めていくレッスンです。

だから、ボールタッチやキックも含め、試合で活躍できるようになるのが劇的に早いのです。

まずはご相談ください。
サッカーを深く理解しているからこそできる個人レッスンがここにあります。

谷田部

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. たくさんの派手な技術を身に着けるよりも、「止める」「蹴る」の原点回帰に来ている

  2. サッカーが上手くなりたければ「自主練習をするしかない」

  3. セレクション合格の基準は「一つ上の学年に勝てる」

  4. 練習できる時間(空いた日)を全てスクールに費やすことは危険!

  5. 山梨県での短期集中個人レッスンを行ってきました。

  6. いくら”いい技術”を持っていても”使い方”を知らないだけでセレクションは受からない

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説