悪いところを指摘します。直し、さらによくする方法があるから

kaizen

こんにちは

谷田部です。

 

サッカー家庭教師の個人レッスンは悪いところを直します。

そしてさらに良い状態へ持っていきます。

だから一気に土台の底上げと共にレベルアップが出来るのです。

 

指摘しておいて「考えろ!」そんな無責任な話はない

このセミタイトル

身に覚えがある方非常に多いと思います。

 

チーム関係者が何か選手に指摘する際

ここが悪い。何が悪いかは自分で考えろ。

というコーチの場合、

実は大体の確率で

改善方法を持っていません。

 

指摘するからには、改善方法を持っていないと実社会であれば大抵通用しません。

それでもサッカーの世界では通用する。おかしい話です。

改善方法を提示することは個性を殺すことではない

自分で考えさせないと自分で考えるプレーヤーになれない。

画一的な選手になる。

 

そんな馬鹿げた話はありません。

むしろ一つでも具体的な答えを提示すれば派生して一気に複数の答えは浮かびそうなものです。

本当に考えられる子であればです。

逆に考えられない子はなにを言っても考えられないのです。

 

のであれば、答えを一つも提示しないのはそれこそ時間の無駄です。

それが「指導」というのであればチャンチャラおかしい話です。

 

最低限のことは教える必要があります。

1

2


お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

関連記事

  1. どうしたらレギュラーになれるのか?どうしたらセレクションに受かるのか?

  2. もっと「ワイルドに!」サッカーをやろう

  3. 「サッカーが下手」と思われる特徴と改善方法

  4. サッカーの本質は「ゴール」ドリブルは手段の一つに過ぎない

  5. いくら「技術」が高くても「戦う姿勢」を見せられない選手は淘汰される

  6. ポテンシャルを引き出すには「理解」「整理」「環境」が重要

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,784人の購読者に加わりましょう

オフィシャルサプライヤー

プロフィール

tel

LINEで更新情報を受け取れます。

友だち追加数