子供や選手をいいサイクルに乗せるのがコーチの仕事

こんにちは

谷田部です。

個人レッスンの指導の傍らで
最近は中学生のチームへも顔を出させて頂いています。

何年ぶりかのチーム指導を行っていると
やはり考えさせられるのが

選手の意識やモチベーションをいかにコントロールするか。
といういかに感情をコーディネイトするとかいうこと

これは練習メニューや技術云々以上に選手をどうしたらノセることができるのかということに尽きると思います。

そこを第一に考えれば練習メニューや技術は二の次でも
子供たちは自然と自発的に能力を発揮してきます。
※練習メニューは試合などでの課題を先に認識させ共通意識を持って改善できるような内容を用意

ここで面白いのが能力を発揮しきれていなかっただけだという子が必ず混じっていて芽を出し始めるということ
もちろん能力をある程度発揮していた子もさらに発揮します。

発揮できる環境を整えてあげる、そのためのチーム内の感情環境までも整えて
鼓舞していくだけで技術の伸びが全く違ってきます。
そうすることで自信を持つことができ、さらに結果に結びついてくる。
そうしたいいサイクルに乗せることが何よりも大切な仕事であると思っています。

これは個人レッスンでも同じことで
まだチームの指導者が見つけていない能力をいかに発掘し開花させるか。
発揮させる土台とそれを開花させるためのメニューが非常に大切です。

集団でも個人でもこうしたコーディネイトや土壌を作れる指導者というのは非常に少ないのが現状です。

そしてそうしたコーディネイトと土壌を作ってあげられれば「集団」であるチームよりも
「個人」で指導をした方が早いのは、いうまでもありません。

だからこそ今現在どうしても上達しない、うまくいかない。今年こそどうにかしたい!
という方にはぜひご相談頂ければと思います。

まずはお気軽にご相談ください。

どこよりも早く上達させる個人レッスンをお約束します。

谷田部


>>「サッカーコーチ・技術」ランキングに参加しています。



お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。

関連記事

  1. 大阪へ向かっております。

  2. サッカーで悩んでいるお子さんと親御さんを無くすために

  3. さっきTBSの○○という番組から電話がありました。

  4. サッカー家庭教師の個人レッスンは原点回帰へ

  5. 日本のサッカーを難しくしたのは誰だ!?

  6. 「大人のエゴからお子さんを守る」が必要な時代