プライベートレッスンの生徒になってきました。


こんにちは
谷田部です。

ひょんなことからスノーボードのプライベートレッスンを受けてきました。
ちなみに全くの初めてです。

私自身が毎日サッカーの個人レッスンを行っているため逆の立場の生徒という立ち位置は
非常に新鮮な体験でした。

先生は40後半から50位?
ハーフパイプなども若い時からやるかなりのベテランの先生

サクッと
スノボーの置き方と片足の動き方を10分もかからず学び
いきなりリフト?

え?
と思うのも束の間
あれよあれよといううちにリフトを2つ目乗り換えてかなりの高さまで、、、

私がいるから大丈夫
という一言ですが、

上まで上がって初めて両脚装着ですよ?

こけ方をちょろっとやったらいきなり実践

目線をやればその方向に行くから、、、

はあ?
やって見せてくれるわけでもなく、支えるだけ
出来ない人がどのように出来ないのか、、、
不安な要素の技術は聞いても説明されているのかよくわからない、、、
はぐらかされてる?
俺の言ってる意味わかってもらえてない?
サクサクただ実践

もっと自分自身と色々試しながら
こうですか?ああですか?とやりながらを期待したのに、、、

最後の最後の
ゆっくりゆっくり
だけじゃん

かなりの傾斜と人だらけで何が不安かって
人にぶつからないことだけ

自分としてはもっと丁寧に教わって、、、と思ったらかなりの実践と
感覚的、抽象的な言葉だけ

だったら丁寧にみせてくれる時間が多ければ、、、
と思いながらもこちらの思いの言葉とはほぼ噛み合わず
不安だらけのまま
「上手い上手い!」

おいおい全く本人が納得してなくて不安だらけだぞ、、、、

止まり方もよくわからず、
必死でこけまくって全身痛いだけ

周囲の人を見て、センスだけで降りてきました。

正直、スノボーに期待していたのが
「二度とやりたくない」
になりました。

挙句、最後は時間になって
これでスノーボーダーデビューですね!

アホか?

こんな個人レッスンをうちのスタッフがやった日にはクビもクビです。
これでそのスノーボードスクールの校長なんだから、、、

うーん

サッカーの個人レッスンでは
実際にサッカーをやめようかやめまいかの瀬戸際の子がかなりいます。

今回のノリとは違いますが、

自分ができるから、、、
人柄がいいから、、、
自分がサッカーが好きだから、、、
教えるのが好きだから、、、
子供と接するのが好きだから、、、

の個人レッスンでダメにしている現状が多いのだろうな、
と肌で感じました。

最悪ですね。
こうはなりません。
と胸に誓った新年

今回は自分ができる!という人が
教えている。ダメな例の典型的な形を体感した形です。

スノボってもっと面白いと思いたいですが、
あの体験で今のところ行きたくありません。

こうして競技人口を潰すリスクのある個人レッスン
ハイリスクの方が多いんです。

ハイリターンを得るなら本物のプロにお任せください。
谷田部

補足2023.1.18


あの個人レッスンからちょうど1年ほど経ちました。
最近では私は経営的なコンサルティングをお願いしているのですが、
やはりセミナーで受ける内容と個別で受ける内容は全く違いますね。

非常に優秀な先生で複数人のセミナーでも大変勉強になっていたのですが、
10年来でとうとう個別のコンサルティングを頼んだところ、やはり着眼点が全く違う

専門の人がちゃんと見ると、セミナーでの一般論とは違うたくさんの自分だけの問題点が発見されて
その改善策もしっかりとあるんだ。という学びをさせていただきました。

そうした意味でもコーチ選びは非常に重要です。
去年に書いたスノーボードのコーチは、最近の同業の個人レッスンのようでやはり上達しないな。と私自身実感したのですが、
いいコーチは間違いない。とさらに自信をもって言える体験を今年はしました。

こうした良い先生。やってよかったと私自身も言ってもらえるようにさらなる精進をしていきたいと思います。

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. 本気でサッカーが上手くなりたいと思ったら考えること

  2. コロナで自粛ムードとサッカー家庭教師の個人レッスン

  3. プレーで迷う。はちゃんとしたサッカーを教えてもらっていないから

  4. どうしてもJ下部組織に入りたいなら○○せよ

  5. 後から伸びてくる子は強い!そんな子の特徴6つを紹介

  6. ここのところめちゃくちゃ一斉にお問い合わせを頂いております。

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説