2019セレクションで受かる選手像 プレイスタイル&ポジション別


2019のセレクションでコーチ達の目にかかる選手像はどんなものなのか。
(J下部ジュニアユースやユース、それ同等クラスのチーム前提)
年々ゴリゴリの持ちすぎドリブラーが減少していく中、毎年そのトレンドは変わります。

今のスキルに今時の最先端の技術を身につけるだけで
入った先で使われる可能性もぐっと上がります。

ポジション別に欲しい能力などを紹介しています。
そしてそれらのスキルは個人レッスン内で身につけることが出来るものばかりです。

ぜひご参考ください。

~ここから会員限定~

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. 小学校4年生のお子さんの”スランプ”を感じている親御さんへ

  2. ​ 「判断」「考える」の前に最低限の原理原則を理解していない子が多い

  3. 本当の”潜在能力”を導き出すために

  4. どうしたらレギュラーになれるのか?-中学生

  5. セレクションでしっかりと安定したプレーを発揮する方法とは

  6. ボールコントロール以前に体のコントロールが出来ていますか?

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説