クロスステップはどう活かす??クロスステップは「ばらばらにして使え」


クロスステップの使い方。

ステップワークやアップでよく見かけますが
プレイ中にどのように使うのか理解していますか?

上手い子たちの中では知らず知らずに使用している場合も見受けられますが
実際に理解して使えるともっともっといいことがおきます。

せっかく練習で毎回のようにあるクロスステップ
しっかり実践で使えるようにしてもらいたいと思います。

クロスステップを理解するとシュートが良くなる。パスがもらいやすくなる

今回のメインタイトル自体は
クロスステップをバラバラにして使え。

と謳っています。

これは本当にそうなのですが
シュート力が無い。
パスがもらえない。

という子の大半以上がこのクロスステップをばらして使うだけで解決できる場面がほとんどなのです。

クロスステップ自体はできている。
それでも使い方と使う場面を知らない。

感覚で使用している子だけが得をしている状態です。

「知る」たったこれだけのことで大きく改善される状況が放置されています。

クロスステップとは?

クロスステップとはサイドステップをより応用した形です。

アップでよく見かけると思いますが
この動きの中に

パスをもっともっともらえるように引き出すヒント
シュート力が上がるヒントがあります。

サッカーは知っていることと知らない

というだけで大きく差が付きます。

サッカーの上手い下手の差は体の使い方がほとんど

セレクションやレギュラーで選ばれるという子は
客観的な評価で選ばれます。

もちろん外側から見た上で選手を選考するのですから当然の話です。

それでもそこを理解して練習しているか?
と問われるとただただ時間だけ必死に繰り返し練習している
という子が大変に多いです。

ボールコントロールもボールの無い時の動きでも
サッカーに関する動きと言うのに「体の使い方」は必須です。

だからこそ体の使い方や姿勢に着目すると
上手くなれる。
セレクションにも受かる。レギュラーにもなれる。

そして何よりも即効性を持って短期間で一気に上達できるのです。

まずはご相談ください。

毎日何かを得て上達している子が続出中です。

谷田部

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. みんなと同じで「差」がつくことはない。群れを飛び出す勇気を

  2. 出来ないには出来ないの「理由」がある

  3. サッカー上手い子の「特徴」とその「性格」について

  4. 眠っている「潜在能力」を引き出し、自分の「長所を最大限に活かす」ための個人レッスン

  5. 「ボールコントロール」の方法は「体のコントロール」から覚えれば簡単

  6. 技術や戦術の使い方を「考える場」がグループ練習

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説