ボールを止めてから蹴るまでのタッチ数が多いのは、プレースピードを遅らせる


ボールを止めて蹴る

当たり前にできるよ。

という声が聞こえてきそうですが
このボールを止めて蹴るという動作

出来るにも幅広くあります。

ボールを止めて蹴る際にいくつもステップを踏まなければ蹴れないかどうか
体のバランスを崩していないか

など正確に止めて蹴ることが出来るだけでもその中にもレベルの差は生じます。
結果的にプレースピードが遅くなります。

ちょっとしたステップを覚えるだけでプレースピードが劇的に変わる

脚は2本しかありません。
だからこそ脚のさばき方はそんなに多い種類があるわけでもないのですが
しっかりと覚えるだけでボールの止めて蹴るは変わってきます。

もちろん
しっかりと止められるようになる。
キックの精度も上がってくることは当然です。

しかも嬉しいことにこれが出来ると

キック力も上がる
パスにもシュートにも使える
視野が広がる
etc

などなど嬉しい効果がついてきます。

サッカーにおいて足の使い方、体の使い方、姿勢はとても重要

上手な子と下手な子の差は
姿勢にあると言っても過言ではありません。

ボールの扱いとは
体の使い方ありきです。

そのためにも脚の使い方や体の使い方、姿勢、歩き方や走り方についても
下手な子と上手な子の差は歴然です。

そのためにもしっかりと姿勢や歩き方走り方、足や体の使い方から覚える。
これが大変に手っ取り早いのです。

プレースピードの向上やレギュラー奪取やセレクションにも効く

止めて~蹴ることが早く正確になれば
それはレギュラー奪取やセレクションにももちろん効果てきめんです。

昨日のブログにも書きましたが
セレクション合格の基準は上級生に負けないことです。

そのためには足の早さに対して判断スピードだけでなくプレースピードすらも上げることは非常に大切なのです。

ただし、自己流の癖が強いと改善にも時間がかかることがあります。
出来るだけ早くサッカー家庭教師の個人レッスンの受講をお勧め致します。

まずはご相談ください。

こんな簡単なことで?
こんなに上手くなるなんて・・・

という声続出中です。

谷田部



お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。

関連記事

  1. 陸上の走りでは「守備ができない」「視野も狭い」その理由とは

  2. ボールコントロール以前に体のコントロールが出来ていますか?

  3. ”腰が高い”、”プレーが軽い”を改善する方法

  4. 伸びる選手は”プライドを横における”選手

  5. 監督やコーチの言うことを100%聞く選手はダメ

  6. 良い自主練、質の高い自主練で上手くなる

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,813人の購読者に加わりましょう

プロフィール

tel

MENU

LINEで更新情報を受け取れます。

友だち追加数

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,813人の購読者に加わりましょう