下手な子と上手いの子の細かな違いから知り尽くしているから出来る個人レッスン

こんにちは
谷田部です。

下手な子と上手な子の差
という動画やブログ記事が非常に多くの注目を集めています。

最近はサッカーの個人レッスンも増えましたが
サッカー家庭教師が元祖です。

サッカー家庭教師は
技術以前の立ち方歩き方、姿勢という根本的なところから
精神的な部分まで含めて
細やかに知り尽くす「経験」があります。

動画にどこまで出すかを模索中

今回出している姿勢や立ち方、歩き方などは
本来のレッスンであれば、一番最初に見るべきものではありません。

姿勢や歩き方など動画の一部が、できたからといって飛躍的に伸びるということにはなりません。
それでも上手な子の立ち方や姿勢が出来るだけで
「技術的にやりやすくなる」
というのは間違いありません。

もっというと
セレクションの時に、これが出来ていないだけで
見るに値しない選手として注目もしてもらいづらくなります。

本能的にコーチ達も”違和感”はわかっているのです。

感覚的な”違和感”を言葉にし、構築させる個人レッスン

感覚的な”違和感”
ここに注目し、ひたすら言葉にし、改善し続けて
いつのまにか15年の月日が過ぎていました。

しかし、教える立場としては15年ですが
サッカーを始めた頃からの習慣ですので
そこまで合わせれば25年以上の蓄積です。

だから今なお私の改善スキルは伸び続けています。

下手な子と上手な子の技術的な差を知っているだけではない

下手な子と上手な子の技術的な違いを知ったからといって
本当に浸透するようにその子に入れられるかといったら
それは”NO”です。

本当に下手な子の気持ちがわかるかどうか
ここが一番大きいのです。

それは
始めた頃から下手くそのドベを走り続けた谷田部
だからわかる思いかもしれません。
私は下手くそ中の下手くそでした。

まずはご相談ください。

ただやるだけの個人レッスンか
浸透する個人レッスンを選ぶかは先々を大きく左右します。

この夏何かを変えるきっかけに

お待ちしております。

谷田部

関連記事

  1. みんなと同じで「差」がつくことはない。群れを飛び出す勇気を

  2. 富山県、山梨県、静岡県、愛知県、群馬県、栃木県、アメリカ。遠方からお越し頂いております。

  3. サッカーで失われた「自信」と「笑顔」はサッカーで取り戻す

  4. 評価をされない原因。周りについていけない原因。を克服する方法

  5. 生身のみで戦うサッカー、だからこそ「技術」「戦術」という名の道具を揃える必要がある。

  6. 本当の「実力」を身に着ける個人レッスン