フォームの改善は怖いことではない

a0001_009745

こんにちは谷田部です。

昨日はセレクション前の中学生のレッスンを行ってきました。

主な内容は
ゴールキーパーにシュートを取られてしまう。
という部分の改善

この原因は
いくつか考えられます。

例えば
キックのフォーム
タイミング
ボールを置く位置

ちょっと出すだけでいくつもでてきます。

昨日はこれを修正してきました。
タイミングやボールを置く位置
と細かく出しましたが
結局はこれもフォームに含まれます。

フォームの修正は、個人レッスンだからこそ出来ることです。

ちょっとした体の向きや肩のずれ
足のフォロースルーなど

しっかりと蹴れる選手に近づけていく
間違い探しの連続になります。

それでも正しいフォームの時には
ボールに体重が乗り
当たった時の音が劇的に違います。

これは今まで何人も教えてきて
どの子にも生じる変化の一つです。

今までのフォームを修正していくことは
確かに目先で言えばリスクもあります。

しかし、長い目で見れば必ずいいことがあります。

疲れない、怪我の予防
ボールの威力、相手に読まれない

などなどたくさんのメリットの方が多いです。

クセが強いと直すもの時間がかかるのも事実ですが
大体レッスン内の15分以内には必ずいい形でのシュートはでています。

だからこそ
個人レッスンのプロ=フォームの間違い探しのプロ
とも言えます。

まずはご相談ください。

シュートの駆け引きやキーパーの心理面からの指導ももちろん入っています。

谷田部

短期集中上達レッスンの詳細はこちらのページから
代表谷田部の通常個人レッスン料金はこちら


image1

お問い合わせはコチラから

0120-115-412
45
>>「サッカーコーチ・技術」ランキングに参加しています。



お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。

関連記事

  1. 「大人のエゴからお子さんを守る」が必要な時代

  2. 日本中の”サッカーで困った”をなくすために

  3. 「導入期」を正しく過ごす。正しく取り戻す

  4. サッカー個人レッスン.netで日本中にコーチを 

  5. 「自信のない子たち」がレギュラー対策すら飛び越して、なぜセレクションを目指してみたくなってしまうのか

  6. サッカーが”自由”?とんでもない。実は見えないセオリーやルールは多い