今日は大阪へ 

こんにちは

間が開いてしまいましたが、相変わらず忙しくさせて頂いている谷田部です。

今日は大阪からの新幹線の中でブログを更新しています。

最近では、関東圏だけでなく大阪、京都、奈良、愛知(名古屋)、静岡(清水・磐田)、兵庫(神戸)他には新潟・山梨・北海道
の方からのご相談を受けることも多くなってきました。(日本中回ってみるのもおもしろい?と考えたりもしています(笑))

日本中のサッカーをやっているお子様をお持ちの親御様のお悩みというものは、地域を問わず同じようなものが多いというのも
長年やってきて気づかされてきたものです。

「どうしても大人数の中で、コーチの目が届かずコーチから直接的な指ももらえず、現時点でどうしたらよいか困っている」

最も多いお悩みの1つです。
これは幼稚園や小学校低学年に始まり、高校生までいえることです。

日本中のチームで多く見受けられる
「自分で這い上がれる子」を育成するというスタンス

這い上がってきた子だけは、直接指導が受けられやすいという現状

「自分で這い上がれる子」というのは、もがいてあがいて「たまたま」というには語弊がありますが
「たまたま結果が出たに過ぎない子」と個人的に「私谷田部」は認識しています。

このがんばれる子・もがける子というのはある程度「サッカーの楽しさ」(他人から褒められ必要とされた経験)
を実感したことがある子だといえます。
そうでなければ楽しくもないことに自発的に一生懸命になれる子供も大人もいないからです。

この「サッカーの楽しさ」を知る前にやめてしまう子がまだまだ日本中に多いと思います。

それは「遅れて始めた子」「才能が開花する前の子」が放置されがちな現状だからです。

(スタートラインに立つことだけでもお子様にとっては大きな一歩なのに
すぐにこけさせられたのではサッカーだけでなく、その先の一つ一つに大きく足を引っ張られる
「トラウマ」になりかねません。)

「遅れて始めた子」「才能が開花する前の子」こそ指導する側は丁寧に見てあげることが必要です。
しかし大人数を見るチーム・グループ単位では理想の話しになりがちになってしまっています。

サッカーの個人レッスンのサッカー家庭教師では、そういった様々なお子様のペースの中で
自発的に積み重ねをできる段階まで
お子様のモチベーションを持って行けることを理想としています。

楽しい→自ら努力する→評価される→自信がつく→楽しい→自ら努力する→評価される→自信がつく・・・
のサイクルを作る経験をして頂くことがなによりも目的と考えています。

これはサッカーだけにいえることではなく、全てに通じるものと私は信じてやみません。

サッカーを通し1つの成功体験を得ることで、お子様に自信と笑顔を取り戻して頂く。
そうしたご縁が1つでも増えることを目的としサッカー家庭教師は個人レッスンの活動を行っています。

まずはご相談下さい。

谷田部の直接のレッスンをご希望の方もお気軽にご相談ください。

谷田部


にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ

image1.jpg
お問い合わせはコチラから

 

代表谷田部の通常レッスン料金はこちら

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. 高校生の個人レッスン(全国レベルもOK!)もサッカー家庭教師

  2. 「出来ない原因」を解明するからその場でうまくなる

  3. 技術や戦術の使い方を「考える場」がグループ練習

  4. 下手、初心者向けのサッカースクールは存在しない

  5. サッカー個人レッスン.netで日本中にコーチを 

  6. 潜在能力を引き出すためだから、コーチは選んでください。

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説