【サッカー】パスの蹴り方について紹介!

【実践で使える】チャンスシーンを作れるクロスボール・ダイレクトパスについて紹介!

サッカーはどれだけ優れたFWでもパスが回って来なければ得点には

繋がりません。

サッカーはどうしても派手な得点シーンだけが目立ってしまいがちですが

得点の裏では正確なパスや素早いパスが繋がることによって得点が生まれます。

そこで今回は得点チャンスを作れるようになるクロスボールとダイレクトパスの

蹴り方とその練習方法について紹介しますので最後までご覧ください。

 

■クロスボール・センタリングの違いは・・・

結論から言うとどちらも中央のゴール前へボールを蹴り込むパスです。

違いとして挙げるとしたらボールが蹴り込まれる角度でセンタリングなのか

クロスボールなのかを分けています。

ゴールラインと平行な軌道でサイドからゴール前に蹴り込まれるパスをセンタリングと

言います。

クロスボールはゴールに対して斜めの軌道でサイドからゴール前に蹴り込まれるパスを

クロスボールと言います。

■クロスボールの蹴り方

クロスボールを蹴る際は遠くに飛ばす場合とボールをコントロールして飛ばす場合に当てる足の甲の位置が変わります。

 

遠くに飛ばす場合・・・

厚めに足の甲の中心付近で押し出すように蹴ると飛距離のあるクロスボールが蹴れます。

 

コントロールして飛ばす場合・・・

つま先寄りの足の甲で当てて蹴ると、狙った位置にボールを蹴れる+カーブを

かけやすくなります。

 

カーブをかけることによって相手GKから見ると逃げていくボールになり、GK・DFの

裏を突くパスができるようになります。

クロスボールを蹴る際に注意してほしいのが自分のチームのFWより後ろから相手ゴール前に蹴り込む形となりますので相手DFの裏を抜けるようなクロスボールを上げるように

意識して練習するようにしましょう。

 

練習方法:

自分チームのFW2名(黒点)と相手チームのDF2名(青点)をペナルティエリア付近に立たせハーフラインからペナルティラインの間からクロスボールを上げる練習です。

(以下図参照)

       【ポジション図】

 

このポジションからGKとDFの裏に抜けるようなクロスボールを蹴るイメージして

赤い軌道のようなパスを蹴る練習をしましょう。

 

ここで注意してほしいポイントがあります。

それはクロスボールの落下位置です。

クロスボールが相手DFの前に落ちる場合やゴール前過ぎる場合はGKに取られてしまいます。

ボールを取られてしまうことを意識するあまり落下地点が逆サイドしすぎる場合は

得点のチャンスに繋がらなくなってしまいます。

なので、その間(赤矢印付近)に落とすイメージでクロスボールを上げる練習を

しましょう。

また、より実践的なクロスボールとしてボールスピードが速くて弾道が低いインステップで

蹴る方法を覚えておくと実践のその状況に応じてボールの高さや速さ、弾道をコントロール

できるようになるので練習メニューに取り入れてみてください。

 

■ダイレクトパスの蹴り方

ボールをトラップせずに足の甲でダイレクトで蹴ります。

意外とこのダイレクトパスでミスする方が多くいます。

ボールが浮いてしまったり、ボールをカットされやすいなどで困っている方は

今から教えることを意識して練習をしてみましょう。

それはダイレクトパスで一番重要なことが強いパス・弱いパスで蹴り分けを行うことです。

強いパスの場合:強い力を利用してコントールして跳ね返すだけのイメージでパスをする。

 

弱いパスの場合:力を加えてパスをする。

 

なぜ、上記のようにしてほしいかと言うと強いパスが自分に来た際に同じような強さで

パスをすると確かに速いパスになりますが相手がトラップしづらかったり、ミスキックをしてしまう可能性があるからです。

弱いパスも同様に弱いパスで返してしまうと相手に取られてしまうなどのミスキックに繋がるからです。

 

■練習方法:

ダイレクトパスをする際は強いパスならその力を利用しコントロールして跳ね返すだけのイメージで相手が取りやすいボールを蹴る。逆に弱いパスの時は力を加えて

相手に取られないボールの強さ且つ相手がコントロールしやすいスピードで蹴る練習を

あまり深く考えすぎないようにして行うようにしましょう。

そうすれば、自分のボールキープ率も増える+自分のチームのパス相手にパスが通りやすくなり結果として得点のチャンスシーンが生まれるようになりますので

比較的簡単な練習方法なので是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

■まとめ

 

★クロスボールを上手く蹴るコツ★

①クロスボールを蹴る際は遠くに飛ばす時とコントロールして飛ばす時で蹴る

 足の甲の位置を蹴り分ける。

➁相手のDF・GKの裏を抜けるパスを意識してクロスボールを上げる。

 

★ダイレクトパスを上手く蹴るコツ★

①強いパス・弱いパスで蹴り分けを瞬時に行う。

➁ダイレクトパスする際に相手がトラップしやすいボールを意識して蹴る。

 

以上が実践でチャンスシーンを作れるクロスボール・ダイレクトパスの紹介でした。

練習方法も比較的簡単なので是非試してもらい強いチーム作りを目指しましょう。

 

関連記事

  1. 【サッカー】実践で使えるシュートの打ち方と練習方法について紹介!

  2. 【サッカー】シュートの基本

  3. リフティング4つのコツ

  4. 【サッカー】シュートの種類を詳しく解説!練習中、意識するだけで上達します。

  5. 【サッカー】シュートフォーム改善でキック力 “爆上がり”の件

  6. 幼児・小1・小2で「サッカーが上手い」と言われる子の特徴とは