【サッカー】パス&ゴーで攻撃の主役になろう!

【サッカー】パス&ゴーで攻撃の主役になろう!

サッカーの試合中、上手くパスを出せたと思った時にベンチのコーチから「行けよ!」「走れよ!」と声がかかることってありますよね。
逆にボールを出して走り出すと「何やってんだよ」「今じゃないだろ!」と怒られたり…… 今回はサイドの選手にはとても重要な「パス&ゴー」について解説します。

 

【基本】パス&ゴーが出来ない子の改善

パス&ゴーのタイミングで「パス」は出来ても「ゴー」が出来ない子がたまにいます。

そういう子の中の何人かは「パスが相手に通ったかどうか」確認してから動こうとしていたと言っていました。パスを出したから仕事が終わったと思っているわけではないんです。こういう子に対して谷田部は次のようにアドバイスを与えています。

 

  相手の利き足(蹴り足)に必ずパスを出そう!

  パスを出したら相手が受ける前に走り出してOK!

 

仮に相手の逆足にパスを出したらどうなるでしょう? パスを受けた人は一度トラップしてから蹴ることになるので、ディフェンスに読まれるリスクが大きくなります。なので、必ず相手の利き足を狙ってパスを出しましょう。

 

そしてもうひとつ、パスを出すときに「軽く上に跳ねてから動き出す」と勢いよく走り出せます。細かいことですが、実戦ではこういう小さなことが大きな効果となりますので、ぜひ真似してみてください。

【基本】パス&ゴーをしていいとき悪いとき

パス&ゴーをして良いときと悪いときの状況判断を紹介します。

 

まず自分がパスを出した味方に相手ディフェンスがピタッと付いている場合は、ボールを取られる可能性があるので、その場合はリターンをもらってあげるといいでしょう。

 

自分がパスを出した味方がいい形で次のパスを出せそうだと思えたら、走って次のパスあるいは次の次のパスを受けるようにするといいでしょう。

 

もう一つ、味方がいい形で受けられそうだけどパスを出す先がない場合は、走り出した後一回戻ってリターンをもらってあげるとやり直しができて効果的です。

 

セレクションで3対3をやる際に両サイドの動きとして見られるポイントです。ぜひ覚えておいてください。

 

 

【コツ】パス&ゴーのコツ

パス&ゴーのちょっとしたコツを解説します。よくパスを出した後ただまっすぐ駆け上がる子がいますが、そういう子はセレクションで評価されません。評価される子は、パスを出す瞬間に走り出すアクションがあり、さらに走り出す瞬間に「はい!」「出せ!」と声を出せる子です。身振りでどこにボールが欲しいかを示せるとさらに良いでしょう。

 

【練習】4人でやるパス&ゴーの練習法

4人でやるパス&ゴーの練習を映像で解説します。ポイントは緩急をつけることです。何回ノーミスでボール回しが出来るか、友だち同士で楽しみながら練習してみてください。頭を使ったトレーニングです。

 

まとめ

パス&ゴーは攻撃する上でとても重要なアクションです。駆け上がった先でボールを受けられたら攻撃の起点になりますし、もしボールが自分に戻ってこなくても相手ディフェンダーを引きつける囮(おとり)の動きになります。繰り返し練習することで動き出すタイミングもわかってくるので、ぜひ身につけてください。

関連記事

  1. 【サッカー】シュートの基本

  2. 【サッカー】守備の基本

  3. 理解してやるかどうかで練習が劇的に変わる3つのこと

  4. ゴールキーパーとの1vs1特集!決めきれる選手になろう!

  5. サッカー下手な小学生を上手くする方法

  6. 【サッカー】パスの蹴り方について紹介!