【サッカー】コーンを使ったドリブル練習を紹介!自主トレにも最適で1人でもできる!

【サッカー】コーンを使ったドリブル練習を紹介!自主トレにも最適で1人でもできる!


サッカーのドリブルは敵を抜いて試合の流れを変えられる武器であったり、決定機に繋ぐことが出来るテクニックです。

ドリブルに必要な要素はスピードや細かなボールタッチ、危機 察知能力が求められます。

そこで今回は1人でもできるカラーコーンを使った練習方法を紹介します。

 

ただボールを蹴るのではなく練習の目的や相手をイメージしながら行うことが大切です。

 

とてもシンプルな練習でイメージしやすいので、小学生の自主トレや親子での練習にも最適です。

 

ボールが取られにくくなるタッチ練習

とてもシンプルな練習ですが、ボールを取られることが少なくなる練習方法です。

カラーコーンを2つ用意して8の字を描くようにアウトサイドでドリブルをするだけです。

 

ポイントは細かなタッチで方向転換することを意識しましょう。

理由はインサイドでボールをタッチすると体からボールが離れる時間が多く、敵に取られやすいからです。

しかし、ドリブルの方向性や相手が向かってくる角度によってインサイドとアウトサイドを使い分ける必要があります。

 

右から敵が来ている場合は右足のインサイドの方が取られにくくなります。

もっと難しくすると右から来る敵には左足のアウトサイド、左から来る敵には右のアウトサイドを使用するとボールを取られる確率が少ないです。

敵から遠い場所でボールを保持することで奪われることが少なくなり、キープ力があるドリブラーになれます。

 

アウトサイドでのドリブルが苦手なプレーヤーは、ボールを転がして運ぶ時や練習以外でもアウトサイドで触る癖を付けることがおすすめです。

囲まれても突破できるドリブル

ドリブル中にボールを奪われてしまう場面の多くは複数の敵に囲まれて、思い通りコントロール出来ず取られることです。

 

こちらの練習方法はコーンで適度な四角形を作り、その中に小さなコーンを散らします。

散らしてあるコーンを避けながらなるべく早いドリブルでスムーズに対角線に抜ける練習です。

 

フェイントで交わすのではなく、出てきた足を避ける事でドリブルのトップスピードを落とすことなく前線にボールを運べたり密集を突破できるスキルが上達します。

 

この時大事なポイントはドリブルで通れる道を瞬時に判断する能力と観察力です。

 

ドリブルの基本として敵が居ない時は体からボー ルを離すこともありますが、敵が密集している時は足の裏や細かなタッチで体から離さないでコントロールしましょう。

 

体から離さない事で少しボールに触れられても自分のコントロール領域にあるので修正しドリブルに繋げることが出来るからです。

 

縦に抜くドリブルのコツとは?


相手自陣へ真っ直ぐ突破出来るとさまざまなチャンスを作り出すことができ、ウィングやオフェンシブMFの選手に必要なスキルです。

 

コーンで四角形のボックスを作るように並べます。

この時に、コーンの幅は肩幅よりも少し広めに設定しましょう。

相手が立っているイメージなので、1人での練習や複数人の自主トレにも使えます。

 

縦に抜くための練習なのでロールやダブルタッチのような横に動くテクニックを入れて直角に前へ進む意識が必要です。

慣れてくるとスタート位置を少し長めに取りスピードを上げるためう、より実践に近い練習になります。

 

実践の試合ではもっと足が伸びて来ることもあるので横の動きを大きくしていくと抜ける可能性が増えます。

 

 

実践で使うドリブルの基礎を作ろう!

ドリブルの基礎的な練習方法を紹介します。ドリブルは足のさまざまな所でタッチしてボールをコントロールすることで相手を抜くことが出来ます。

 

抜くためには惑わせたり、重心バランスを崩すことでドリブル突破が可能です。

今回の練習だけでは実践で使うことは出来ませんが、シンプルなドリブルの基礎となっています。

ドリブルをアレンジするためのベースと考えて下さい。

インサイドとアウトサイドを使った練習方法で両足を使ってカラーコーンをジグザグに進みましょう。

 

利き足でない足でもボールコントロールができるようになり、普段あまり使わないアウトサイドでのコントロールもできるようになります。

 

ドリブルが不安定な場合は慣れるまでゆっくりと行いましょう。慣れてきたらなるべく、トップスピードで駆け抜ける練習です。

 

まとめ

今回はカラーコーンや小さいコーンを使ったドリブルの練習方法について紹介しました。

 

ドリブルの練習では細かなタッチでボールをコントロールする時の足の向きや縦に抜くためのコツ、ドリブルスキルを向上させるためにいつも意識しながら取り組んでみてください。

 

ドリブラーを目指している方は両足のインサイド、アウトサイドの使い分けの練習がおすすめです。

2024.6月 追記

サッカーで自主練の必要性は感じていても、練習メニューが思いつかないと話す人も少なくありません。また、練習するスペースが十分に取れない人にとっても、サッカーコーンはおすすめです。

背の低いコーンもありますが、できれば背の高いものを選ぶのもおすすめです。背が高いコーンは実際に相手に見立てたうえで、実践的な練習ができるようになります。

また、場所を取ってしまい置き場所に困ってしまうのであれば、マーカーを使ってサッカーの練習を行う方法もあります。

マーカーに当たらないようにドリブルの練習をすることで、爪先タッチやダブルタッチの質をあげていく方法もあります。

サッカーの基礎技術の習得にも使えますので、サッカーコーンを積極的に活用していきましょう。

 

関連記事

  1. 【サッカー】キック力を向上させる練習

  2. 【サッカー】8の字ドリブル

  3. 【サッカー】ドリブルで抜くコツ

  4. 【サッカー】試合でゴールを量産!3つの練習方法と5つのコツ

  5. ゴールへの近道!「入る」シュートコースとトレーニング

  6. 親子で一緒に!サッカーシュートのキック力を強化する効果的な練習法