小学校1年生-一か月で自ら練習をし、止まらなくなるほどに

学年:小学校1年生
サッカー歴:小学校1年生から
期間:1か月~継続中
頻度:週1程度
性別:男の子
依頼内容

サッカーを始めたばかり

サッカースクール内でもついていけない。

担当:谷田部

相談内容

customer

サッカースクールの中で周りは前からサッカーをやっているようで始めたばかりでついていけない。このままではサッカーが嫌いになりそうなのでなんとかしてほしい。

 

谷田部

とにかく本人がその気になるような最初の歯車を動かすことが重要です。今回も成功したケースです。

改善内容

サッカーの「楽しみ方」を覚えるために

ボールでの遊び方を覚えながら

サッカーのルール、体の動かし方、走り方、ドリブルの仕方、人とのかかわり方、ふざけ方

など様々な状況を作ることで、

「ボールで遊ぶことが楽しい」まで持っていきました。

この案件のポイント

初心者のお子様は、サッカーとは?

以前に「ボール」で何ができるのかをわかっていないことがほとんどです。

 

周りがボールを使って何かをしていてもレベルの差が大きければそれは蚊帳の外。

しっかりとその子のレベルを見極め

的確な変化を本人自身も自覚出来ながらレッスン内容を構築していくことで

「ボールを蹴る」「サッカー楽しい」までもっていきました。

 

今では朝でも日中でも暇さえあれば友達とまたは壁にひたすらボールを蹴りこんでいるそうです。

一か月ちょっとで上達のサイクルに乗れたケースです。

 

夏休みぶりのスクールでも初めて、1対1で相手をドリブルで抜くことが2回も出来た!とのご報告を頂きました。

最新情報をチェックしよう!
>最強のプロコーチが送る至福の時間

最強のプロコーチが送る至福の時間

完全現場主義のプロコーチがサッカー家庭教師メソッドでお子様の改善点と改善方法を提示し、その場でみるみる上達させてみせます。

CTR IMG