シュート力を上げたいときの足の使い方

  • 2023年6月9日
  • 2023年8月21日
  • コラム
  • 59view

【簡単】その場でできるシュート力の上げ方

低学年はまだだまシュートを力任せで思い切り蹴りたがります。

そうではなくても低学年でもできるシュート力の上げ方があれば知りたくないですか?
なぜシュート力が上がらないのか、その答えは地球のルールを知ることです。

地球に抵抗せずに味方にする方法を知ることで、簡単かつその場でシュート力を上げることができます。

低学年は特に、まだまだ余計な知識が少ないので、こうした理科や普段の生活に結び付けながら正しい知識を身に着ける必要があります。

【動画URL】

【コツ】背負った状態からのシュートまでのパターン

背負った状態からのシュートまでのパターンをマスターするコツを紹介しています。
足の動きを知ることで、背負った状態でもシュートを打てるようになります。
キーパーから見えないシュートが打てるようになるためには、いろいろな場面で足ごと隠す必要があります。

これを知ることでキーパーだけではなく、ディフェンスの動きを意識した状態で駆け引きしつつ、背負った状態からでもシュートを打てるようになります。
多少コツがいるので、動画をみながらたくさん練習をしていきましょう。

【動画URL】

 

【自主練】ドリブルからのシュートを練習する方法

走りながらのドリブルからのシュートができるようになる練習方法。
難しく感じると思いますが、正しい知識を知ること。それを意識することで、さほど難しくなくドリブルからのシュートができます。
動画では楽しく練習しながら解説しているので、どのような部分に意識を置いて練習すればいいのかを知れるはずです。
ドリブルからのシュートをマスターしたい方は動画をみながら練習をしていきましょう。

【動画URL】

 

【自主練】シュートとパスが上手くなる方法

実際に谷田部がよくやっていた練習方法を紹介していきます。
ボールを持ったらゴールがあれば、もうそのサイドネットを狙って入れる。という単純な練習
とはいってもなかなか難しいんですが、これが出来るとシュートもパスも上手くなります。
上手く、カーブをかけたりまっすぐ蹴ったり、高さを調整したり、、、

様々な思惑をもって練習をすることが出来るのですが、シュートもパスも上手くなる一石二鳥の練習です。
【動画URL】

【改善】膝の固さを改善してシュート力を上げる方法

シュート力を改善したいとなったら、軸足の膝の使い方も重要になります。
膝で軸足の全体重を支えて安定させる必要があります。

そして同時にグラグラさせない。という必要も出てきます。

この練習は家の中のスリッパでも出来ます。
そして床に脱いだ靴下やパンツを足の指で拾うという日々の習慣でも上達してきます。
何気ない日常でもサッカーが上手くなれる膝の柔らかさ改善方法ぜひ動画もご参考ください。
【動画URL】

【練習】シュートをミスるを改善する練習方法

正しいシュートの練習方法と間違ったシュートの練習方法を動画にて比較しながら解説をしています。
角度を決めて練習をすると、ボールが転がっているときにシュートが決めづらくなってしまいます。
理想は、三角定規をイメージして、シュートを決めることで、迫力のあるシュートが打てるようになります。
普段からこの方法を身につけておかないと、試合で理想的なシュートを打てなくなってしまうので、動画をみながら練習を重ねていきましょう。

 

【動画URL】

【コツ】シュートの極意とは?

ヤタベが教えるシュートはなぜ入るのか徹底的に解説をしています。
なぜ入るのか知っておくと、練習や試合のシュートでのコツがわかるようになり、シュートを決めることができる確率が高くなります。
動画では普通のキックとヤタベのキックを比較しながら解説しているので、参考にご覧ください。
シュートするときの足の動かし方をマスターすることで、簡単にゴールを決めやすくなります。
ヤタベのシュートがなぜ入るのか気になる方は動画をチェックです。

【動画URL】

【コツ】相手が前にいても入るシュートのコツ

相手が目の前にいてもシュートが打てる方法を解説しています。
相手が目の前に煎ると視界が遮られてしまうので、なかなかシュートが打てないという方も多いのではないでしょうか。
動画では、相手が目の前に居る時のラインの作り方や足の動かし方を解説しているので、気になる方はみてみましょう。

【動画URL】

【コツ】シュートをサイドから逆サイドへ決める足の動かし方

サイドからのシュートはどのように足を動かせばいいのかを解説しています。
軸足の使い方や斜めに蹴る際のポイントも紹介しています。
どのようにして、足を動かせばよいのかわからない、サイドから逆サイドへ決める足の動かし方を知りたい方はこちらの動画をご覧ください。

【動画URL】

【簡単】強いシュートを打てる足の動かし方

低学年でもできる強いシュートを打てる足の動かし方を解説しています。
基礎的なことを解説しているので、シュートの足の動かし方を基礎から学び直したい方もご覧ください。
斜めに打ってしまうと、シュート力が半減してしまいますので、キーパーに止められやすいシュートになってしまいます。
ゴールに対してまっすぐ打てるシュートの打ち方が気になる方は動画をみて、コツを掴みましょう。

【動画URL】

【まとめ】

サッカーでシュートを打つときの足の使い方を解説しました。
シュートを打つときのコツとしては、ゴールに対してまっすぐ打つこと、足の動きを意識することです。
自主練やホームの改善をすることで、シュート力を上げることができるので、動画をみながら練習をしていきましょう。

補足:

シュート力を上げたい。そうするとどうしてもやってしまいがちなのが、
力を加える。振りかぶりを大きくする。助走を長くとる。
というのが小学生の時からの子供たちの常識となっています。

こうした子供たちの常識は大人にとっては、というよりも谷田部の指導においては全くの非常識な内容となります。
子供たち、またはサッカーをあまり知らない大人たちの常識をそのまま突き進めると怪我の可能性が高まります。

アニメや漫画の影響もフォームに大きく影響をしていますが、あれもやはりサッカー素人が作り上げた創作の世界です。
だからこそ、しっかりと正しい知識を得たうえで身体に負担のない正しいフォームを早くに身に着けること。
そうすることでキック力は上がります。
そしてけが予防にもなります。
かっこいい。という理由ばかりでのキック力強化を図るのは危険です。
基礎から正しい知識とフォームを身に着けることをおすすめします。
それが結局はキック力、シュート力を強化する近道です。
ご参考ください。

もちろん個人レッスンで直接のレッスンも可能です。地方であっても東京であっても
まずはお気軽にご相談ください。オンラインでもレッスン可能です。
お待ちしております。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

最強のプロコーチが送る至福の時間

完全現場主義のプロコーチがサッカー家庭教師メソッドでお子様の改善点と改善方法を提示し、その場でみるみる上達させてみせます。