【完全保存版】インステップシュートの蹴り方

  • 2023年3月20日
  • 2023年4月12日
  • コラム
  • 1316view

インステップキックとインステップシュート特集

強いキックが蹴りたい。
強いシュートを入れたい。
キック力が欲しい。

サッカーをやっていると誰しも一度は思う憧れですよね。

今日はそうした思いを形にするためのインステップキックとシュートの方法を
色々なパターンで紹介していきたいと思います。

【王道!】強いシュートを打ちたい!インステップキックの蹴り方

とにかく、強く気持ちよく相手からゴールを奪いたい
もっとキック力が欲しい。というお子さんの憧れがインステップキックですよね。

ただし、正しく蹴らないと足首に大きな負担がかかり怪我にもつながりかねません。
まずは正しいフォームを身につけることからが結局は1番の近道です。
キック力アップには、地道な反復練習も大切です。

【コツ】ボールにしっかりと力を加えるインステップのコツ

力を逃さない!余すことなく、しっかりと全ての力を加えるためのインステップキックの方法とコツを紹介しています。
キーパーからしても嫌なキックの方法なのでゴールも量産できる方法です。

相手のキーパーが上手ければ上手いほど、取りにくくなる。というメリットもあります。
かつて教えた子でこのキックをマスターした子は関東で得点王になったこともあります。
(詳細は身バレするため控えますw)

谷田部が個人レッスンで教える。打てば入るシュートもまさにこのインステップキックです。
特にキック力がないうちは少しでも余すことなく、力を加えたいところ。ぜひ参考にして欲しいです。

【簡単??】低学年向けに説明したインステップキック動画

特に低学年にわかりやすく。と作ったインステップキックの動画がこちら
より細かくわかりやすく興味を持ってもらえるように作られたインステップキックの動画です。

親子でも楽しく身につけられる教材動画です。

【重要】強いパスにも使えるインステップキックの蹴り方と蹴り分け

低くて早くて遠くに飛ばす。
ライナー性のキックを蹴りたいとなれば、インサイドよりもインステップキックがおすすめになってきます。
ただし、シュートと違って、パスの場合は相手がいて、取りやすくする必要があります。

シュートの場合は、撮りにくくていいのですが、その辺の違いの出し方をこちらの動画では紹介しています。
パスは強いだけではなく、相手がとりやすい。ということも重要な要素
しっかりと味方がコントロールしやすいボールを蹴れるように練習しましょう。

【裸足で実践】 靴の中の形と当てる位置もわかる動画

自分でみても笑ってしまう激レア動画(笑)色んな意味で!
ということで裸足でインステップキックを蹴っている身体を張った激レア動画です。

インステップの当てる位置を実際に裸足で蹴って、蹴った位置が赤くなりながら、、、というインステップ動画です。

【神回確定!】谷田部が選ぶベストシュート力アップ動画

この2つの動画はかなり古い激レア動画ですね。
アン○ンマンでみんなの心を鷲掴みにしようとしている魂胆が丸見えのインステップシュート
キック力強化動画ですw

話し方も緊張感があり、丁寧に話しているのが印象的です。
最近の適当?さが窺い知れてしまいますが、、、w

【自主練】インステップの当て感を養うおすすめの練習方法

これはプロになった選手もよくやっていたような練習です。
動画の中では小さなネットですが、グラウンドや公園のネット、ネットがなければ壁当てでもいいです。
自分の中でノルマを決めて一定のリズムと一定の足の箇所に当てる。
これを毎回できるようにとにかく繰り返す。

インステップのいいところに当てられるようになるとボールは力を入れなくても自然と気持ちよく飛んでくれます。
こうしたスイートポイントを探るにも最適な一人でもできる自主練習方法です。

まとめ

とにかく、シュート力が欲しい。インステップキックが蹴れるようになりたい。
と思った時に大事なのは、力任せにしないこと

正しいキックを反復すると正しい足の振りができるようになります。
焦らずじっくりと向き合って欲しいと思います。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

最強のプロコーチが送る至福の時間

完全現場主義のプロコーチがサッカー家庭教師メソッドでお子様の改善点と改善方法を提示し、その場でみるみる上達させてみせます。